« クリスマスを待つ第一弾 | トップページ | クリスマスを待つ第三弾 »

2021.11.24

クリスマスを待つ第二弾

Cimg1138_r2  そして思った通りに初冬の気候となった。ぐっと冷え込んでいる。北海道では大雪とのニュースも見た。これからどんどん加速して年末へと向かって行く。
 
 我が家にはきちんとした応接間は無く、応接スペースなるものがあってたいていのことはここで済む。ただ、昨年と今年はここにお祭壇があってその他のものは置けない。しかしクリスマスが来る! 手持ちの材料をとにかく形にするためいろいろやっているが、今は編み物をしている。そこでちょっとお遊び感じで、シーサーたち用にサンタ帽をちょこちょこと編んだ。急に思い立ってのことだったので覚えている感覚だけで作った。さて今朝になって被せようとしたら両脇の紐が届かない。と言うか顎らしきものがほとんど無いため編み足した紐を顎下で結ぼうなんて出来ない。仕方なくその紐を結んでから両側の耳に引っかけた。
 
 たぶん、ではあるがシーサーたちは嫌がっている。写真撮った後「さてさて」と私が去る時には「こっ、このままですかー」と言っている気がしたのだ。そうです!クリスマスまではね。もうじきたいていのスーパーや店舗で店員さん方がサンタ衣装だったりサンタ帽だったりするんだから、楽しくクリスマス気分でいるのよ。今年だけだからね。
 このシーサーたちを私は可愛がっている。どこで見たどんなシーサーさんたちよりもかっこよくて素敵だと大真面目に思っている。阿吽一対のシーサーだけど勝手に「シーちゃん」「サーちゃん」とも名付けて言っている。
 
 クリスマスを待つ第二弾はシーサーと一緒に待つクリスマス。少なくとも私は心がワクワクして楽しい。

|

« クリスマスを待つ第一弾 | トップページ | クリスマスを待つ第三弾 »

風のお喋り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスを待つ第一弾 | トップページ | クリスマスを待つ第三弾 »