« たった一個のミョウガの子を | トップページ | 暑中見舞い »

2021.07.15

梅雨明け

Cimg1058_r2  半月の間、実によく雨が降った。全国的にそうだったが各地で雨による災害がテレビで伝えられているのを観た。そしてそうこうしている内にずっと待っていたコロナのワクチン接種2回目もやって来た。やっとこれでとりあえず一安心。ただでさえ弱っている肺を守っていかなくては。私は2回ともワクチン接種による副反応というものは無い。これもパチパチもの。
 
 ワクチン接種して直ぐに梅雨明け宣言があった。毎日、ガンガン暑い夏の日となった。私はいつも言っているが寒さには弱いが暑さには強い。体が動くし心地よい。この頃は夜にアイスを食べることに一日の終わりの幸せを感じている。
 
 七月盆にもなった。私は手持ちの帯を使ってお仏壇等の敷物を沢山作った。義母から頂いていた帯と私自身の帯でどちらも茶席に使用されていた落ち着いた静かで品のあるもの。(私の帯はお高いものではない)それぞれ置き合わせるととても清々しいものに見えた。帯も着物もいくらかはリメイクしていこうと思う。昨年は着物をツーピースに何枚かした。たいして上手くないのであまり見せられないのだけど案外重宝しそうだ。こうやって役に立つものにしてゆきたい。
 
 玄関先に咲いたゼフィランサスを摘んで一輪挿しに生けた。すっとした姿にわずかな涼が感じられる。なかなか庭に咲く花が少ない夏、花壇際によく連なって咲くゼフィランサスも案外重宝する。切り花にしなくても数日ばかりの花で次々と咲いてくれる。

|

« たった一個のミョウガの子を | トップページ | 暑中見舞い »

風のお喋り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たった一個のミョウガの子を | トップページ | 暑中見舞い »