« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021.05.28

ハンゲショウ

Cimg1045_r2  何十年ぶりに証明書用の写真を撮りに行った。「ふふふん」と思いながら帰宅、夫に「あなたの奥さんは面白い顔してるね」とその写真を見せた。夫は直ぐに言った。「いつもそうだけど、これは特に口角上げているから」まあ、そうなんだけどね。年々お年頃もあって頬のお肉は落ちて来るので貧相に見えないように意識して口角を上げている。お高い美容器具や化粧品はバツ!リーズナブルなオールインワン化粧品で朝晩はしっかり上げ上げマッサージをしているけど追いつかない。普段の写真は笑っているとなんとかなるけど証明書用はそれが出来ないからしっかり意識して口角上げている。まあ、それが過ぎたのだろうけどカードに貼られてずっと使うものだから頑張ったのよ。
 とほほと思いながら毎日その写真を怖いもの見たさで見ていると遂に慣れてきて「私らしいかもね、いいかも」と思うようになってきた。幼い頃からひょうきんでお調子者だったから、まあこんなものよねと。つまり開き直って現実を受け入れた。そうなるとなんともないことになった。笑えるけど、笑えるだけ明るいではないか。
 
 ハンゲショウを一輪挿しに生けた。これは茶道をしていた義母が植えたもので毎年沢山咲く。静かな花だ。あまりこうは生けないかもと思いながら丈高く生けた。スーッとして飛び出して行きそうな感じがした。

| | コメント (0)

2021.05.25

ビヨウヤナギ

Cimg1041_r2  梅雨の晴れ間の主婦は忙しい。洗濯、洗濯!掃除は梅雨明けてからでもしっかりやればいい。中国から黄砂大量に飛来などものともせずに全部外干しする。洋服ブラシと布団たたきで払い落とせばよいから。
 それから自転車でスーパーへ買い物に行く。日替わり特価のものを中心に明日から雨という予報だから二、三日困らない食品を買った。スーパーでは出入口で設置してある消毒液で行き帰りとシュッシュする。店内でも出来るだけ人の少ない通路を行く。
 夫と二人なので特別な日でない限り実にシンプルな節約料理。少し時間があるとお茶しながらパソコンの前にいる。
 
 ずっと同じような生活しているからこそ、年々、日々、体力の低下や老化に驚かされる。同じことを同じ時間ではできない。実に三倍の時間がかかる。だからそれだけの時間を取って始める。なんかね、笑ってしまうけど、まだこの方式で普通にやっていけるからまっ、いいか。夕飯以降はすっかりパワーは無くなり、どちらかと言うとヨロヨロ気味。
 
 それでも花生けるとなると不思議なパワーがどこからか降りて来る。雨降りの内に庭のビヨウヤナギが咲き誇り、またパラパラと勢いよく散っていっている。そのビヨウヤナギを目の大きな竹籠に生けた。

| | コメント (0)

2021.05.17

ガクアジサイ

Cimg1037_r2  梅雨入りしてすぐに大雨。私の住む辺りは特に災害はなかったが県内の地域によっては床上浸水が何十軒もあったようだ。三時間で150mmの降水というから普通ではない。昨年豪雨災害を受けた地域はやっと復興したばかりとニュースで観ていたのでお気の毒で仕方ない。農業の方々もそうだ。
 
 スーパーと病院以外には出かけずにいる。テレビ、ネットでコロナのワクチンに関して相変わらずの大騒動が流れている。いろんな人の思いや願望は分かるがなんとも大変だ。私は長く肺を病んでいるので出来るだけ早めにワクチン接種したい思いはある。しかしまあ成り行きで予約が取れた時でいいかとも思う。すべては運もある。運を引き寄せるような善行をしていないから本当に成り行きで上等だ。ひたすら出来るだけの用心して暮らして行こう。
 
 昨年はコロナの急速な蔓延によりマスク、除菌製品、体温計があっと言う間に店先から消えた。しかも長い間それは解消されなかった。今後のことも考えてこれからさらに備えておくこと、置くものを心しておこうと思う。私は十年ばかり前から自作の布マスクをしていたのでマスクはずっと困らなかった。しかし最近になって不織布マスクが一番有能であるとの発表もありこれからは市販不織布マスクも備蓄しておこうと思う。まだまだ長引くコロナ騒動。先で笑い話含めて、あの時はまー大変だったねと話し合う日々の訪れが待たれる。
 
 ガクアジサイが咲き出した。私の好みの青い花だ。雨の中でこそ生き生きと咲くアジサイ。玄関から郵便受けまでの数歩でふと立ち止まってしばらく見とれていた。
 

| | コメント (0)

2021.05.11

梅雨の走り

Cimg1034_r2  テレビの天気予報で今週末から梅雨の走りだと言っていた。今年はなんて早いのだろう。そうそう、桜前線も今年はすごく早く北上して行った。
 
 私は雨の日が嫌いではない。特に好きというわけでもないが雨の日は雨の日の楽しみを見つけることができる。ただ降り続くとなるとやや気が滅入る。洗濯物の心配と自転車に乗れない(私は雨天の自転車走行はしない。出ていて突然降り出したらしかたなく濡れて行く。)それらが大きな理由だ。
 
 そして私は梅雨時の生まれなのだが長雨となるとさすがにうんざりする。それでも時には合間の晴れ日があるとうんざりはしない。とにかくすべてそうだが何処でも災害が起きるほどの大雨長雨は困る。
 
 我が家の西洋アジサイの花が一気に咲き出した。やはり梅雨の走りなのだと思う。実際、明日からしばらく雨模様との予報だった。雨傘と長靴の手入れをした。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »