« GOOD LUCK | トップページ | ベリーショートのウメたち »

2021.02.07

小さな白いツバキ

Cimg0991_r2  我が家に白ツバキの木が一本ある。背丈は低く抑えているがあまり虫が付かないのがよい。これは造園さんがサービスで持ってきて植えてくれたものだ。品種は不明らしい。
 その白ツバキが沢山つぼみを付けているのだが昨日の朝、初めて一輪開花した。下の奥の方に咲いていたが「ごめんー!」と言いながら私はそれを手折った。どの木も極めて短く剪定してもらったのでこの花枝もずい分短かった。水切りして養生し、今日小さな白い容器(これは妻楊枝入れとして売られていた)にそっと挿した。
 
 寒くてなかなか行けなかったが、ようやく私も一昨日、美容院に行って髪をカットしてもらった。頭はとても軽くなり恰好もつくようになったが首筋がスースーする。タートルネック、ハイネックのセーターを着ている。
 街中は以前と変わらず賑わっていた。私は用だけで急いで帰宅したが何やら他の人たちはゆったり買い物楽しんでいるようだった。デパートは「当店は一時間に十回換気もし万全の対策しています。安心してお買い物ください」と書いた垂れ幕を掲げていた。そしてデパートの紙袋を両手に下げた人たちもわりといた。まあ九州はここにきて新型コロナウィルス新規感染者数が桁違いに少なくなっている。まだ病院の関係は逼迫(今回のコロナ騒ぎで毎日のようにテレビニュースで文字を見ていて書けるようになった言葉だ)しているようだ。買い物している人たちはそれはそれは用心しているとは思う。
 少しでも明るい春を皆で迎えたいものだ。小さな筒状の白いツバキは決して小さくはない元気をくれた。

|

« GOOD LUCK | トップページ | ベリーショートのウメたち »

風のお喋り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GOOD LUCK | トップページ | ベリーショートのウメたち »