« 二十世紀梨 | トップページ | 赤いマグカップ »

2020.10.01

栗ご飯

Cimg0944_r2  親戚から栗をいただいた。茹でて食べてねということだったが、夫婦でせっかくの初物なので栗ご飯しようということになった。
 
 夜にテレビ観ながら栗の皮むきをした。夫が外皮をむき、それから私が渋皮むいた。テレビの番組は「冒険少年」というもので4時間特番だった。無人島から自力で脱出して有人島までたどり着く競争だ。だいたい毎週放送されているが案外楽しくて観ている。包丁でコリコリしながら「おう、皆、頑張れー!」と応援していた。
 
 それから一晩水に浸しておいた栗は栗ご飯となって夕飯に並んだ。お仏壇に上げる前にちょっと失礼と一膳分よそって記念撮影。久しぶりに共同作業しての作品なので、おめでたくも「わー、美味しいねー!」と言ってパクついた。
 秋は飽くまで食べるほどの実りの季節。夫婦揃ってブーになっていってるけれど、なんとかその許容範囲ぎりぎりなので今の状態を越えないようにしてこの秋もパクパク楽しみたい。
 今日は中秋の名月なのだがおだんごもなく、夕べと同じ栗ご飯と豚汁パクパクしながら横目で名月いいねーとか言っていることだろう。

|

« 二十世紀梨 | トップページ | 赤いマグカップ »

風のお喋り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二十世紀梨 | トップページ | 赤いマグカップ »