« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020.04.06

清明を過ぎて

Cimg0893_r2  個人的なことを含めてあまりにめまぐるしかったためもあり、気がつけば四月になっていた。そして季節の言葉で言えば清明を過ぎた。すべてのものが清らかで生き生きとする頃なのであるが、今年は世界的にも尋常ではなく落ち着かない春を迎えている。まだまだウイルスの脅威に世界中が怯え、そして戦っている。いつもの年ならば私が住んでいる辺りは学校が多く卒業式、合格者発表、入学式などで心嬉しい学生たち、親御さんたちを眺めてばかりだった。ああそうだったなあといつも思い出していたものだ。まったく、なんなのでしょうね。でも皆で頑張るしかない。
 
 ハナミズキの花が沢山咲いた。しかも現金なことに南側と東側にばかり。丈が高くなり過ぎないようにてっぺんをカットしたため横枝がぐんぐん伸びた。ぐいと引っ張って一枝を切ってフラスコのようなガラス花瓶に挿した。十年ばかり花芽もつけなかったハナミズキが一昨年からしっかり咲くようになって毎年楽しみだ。サクラの花見も自転車走行しながらあちこち眺めて回ったけれど心浮き立つ感じが起きず、来年のサクラはまたサウンドオブミュージックのオープニングのようにくるくる回りながら夢のように酔ってみたいと思う。我が家のハナミズキも来年はどうか北側西側にも多くの花付けてほしい。それでも咲いてくれてありがとう。
 
 どんな戦時下でも被災地にでも同じ地に花は咲く。それは神様のお慈悲かもしれないしエールかもしれない。清く明るく希望に満ちた春に戻れるように、まあ辛抱辛抱、明るく頑張りましょう。

| | コメント (2)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »