« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020.03.22

スプリングスターフラワー咲き誇る

Cimg0888_r2  今年もスプリングスターが咲き誇る玄関先だ。この時期のこの場所が本当に好きだ。この扉開けるとバリバリ昭和の民家なのだけど、これだとなんだかメルヘンっぽく感じられる。もしかしたら素敵な雰囲気の服装でおっとりとして優し気なターシャさんのような女性が微笑みながらこの家から出て来るような気さえする。ちょっと言い過ぎ、それはなかろうとも言えるけど。
 
 先日、まだ降らない、大丈夫と思ってスーパーに買い物に出たが買い物済んで出たらザンザン降りの雨。自転車だしまた買い込んでしまったのでとにかく入り口軒下で雨宿りした。うんと小降りだったらもうダーッと飛ばして帰るけどまったく普通降りで諦めた。結局40分ばかりして雨雲が完全に通り過ぎた時に自転車置き場へと向かった。
 その間に二回同じ声掛けしてもらった。最初は中年のマダム(おしゃれな感じの人だった)で一度自分の車に荷物を積みに行って戻って来て「よかったらこの傘使ってください。もうその後は捨てていいから。古くなった傘何本かいつも積んでますから、どうぞどうぞ。」と手には花柄の傘を持っておられた。その次にはやはり中年の男性で、「あんた傘無くて帰れないんだろ。これ使ってください。私は車まで走ればあとは家に帰るんだし、もう放ってもらっていいビニール傘なんだから。」と差し出された手には大ぶりのビニール傘があった。
 どちらのお方にも「お気持ち、本当にありがとうございます。もう少し止むまでいますから大丈夫です。」と丁寧にお断りした。私は傘差して自転車走行しないのでとは言えなかった。でも心からご親切には感謝した。まだまだこういう人たちがおられるんだと少し嬉しく思った。
 
 小さな事柄に嬉しい気持ちを感じることほど心の栄養になる。新型コロナウイルスの蔓延ですべての国、人がピリピリして暮らしている今、人を思いやることを忘れてはいけない。でも、もしかしたら私が傍目で見るととても哀れな雨宿りシニアに見えたのかもしれない。

| | コメント (0)

2020.03.10

黄スイセン

Cimg0885_r2昨日、我が家に咲く黄スイセンを摘んだ。全部で七輪だけしかなかったが、明日は雨という予報だったので花茎から倒れると思い家の中に飾ろうと思い立ったのだ。これといった花器が無く、鶴首の一輪挿しに全部挿した。本当は生け口いっぱいになるようなことはしないのだが今回はビシッと口いっぱいになった。ポーンと中から噴き出して広がった感じだ。
 
 マスクの素材も形にしてしまい、沢山の替えも出来た。毎日、どこに行ってもマスクした同士でありそれが普通になった。まあいいことだけど人々の不安や恐れは日本中、世界中だ。そしてこんな時に議員さんともあろうお方がマスクを大量にネット売したり、マスク原因で争いが起きたり、さまざまなニュースが日々流れている。イベント、集まり、移動、旅行、そのほとんどが中止となり世界中の皆が辛抱して用心して頑張る春となった。
 
 そんな中でも花は咲く。黄色い花を見ていると何やら不安が和らぎ希望が湧いて元気が出る。近所の人とは毎日会うが、友人たちはどうしているかなあと思ったりする。先日、夢の中で友人二人とバッタリ会った。二人は何かのボランティアに行っていると話し、私は大いに感心したものだ。「わー、元気でよかったー」とお互い言いながら別れた。そこしか覚えていないが起きて夢だとわかった。皆、元気でいようね。夢の中の二人は黄スイセンのように明るく軽やかだった。

 

| | コメント (0)

2020.03.04

マスク、マスク!

Cimg0882_r2  世界的に蔓延してその猛威を振るっている新型コロナウイルス。毎日、その記事で溢れている。収束の目途は果たしていつつくのだろうか。そして東京オリンピック開催はどうなるのだろうか。マスクが店頭から消えて久しい。入荷日未定という張り紙ばかり見る。この頃ではデマも飛び交いトイレットペーパーやティッシュ、キッチンペーパーの紙製品も買い占めが起こり大騒動になっている。こういう全世界で知恵と心を寄せ合って乗り越えなければいけない時にまさかの高額での転売(中には盗んだものを大量に高額で売る者もいる)したりの悪い人もいて困ったものだ。
 
 手洗い、うがい、アルコール消毒の励行でかなりリスク回避は出来るらしいが世の中、不安を煽るニュースや番組で人々はピリピリしている。マスクはあまり役に立たないとの見方もあるが、いくらかでもリスク回避の助けにはなる。だから必死でマスク求める人々が尽きない。
 我が家にも元々買ってある使い捨ての不織布のマスクがそこそこにはある。しかし、それは家族に、と私はこのところマスク手作りに燃えている。私はもう8年も呼吸器の不具合に遭っているので基本、年中マスク姿だ。そこで、こういう事態になるうんと以前からダブルガーゼ生地で手作りマスクを作って使用していた。自分の顔形に合うように型紙起こしをした。だから私には一番フィットするマイマスクだ。大気汚染もあるし毎日自転車走行しているので重宝している。真夏には風邪ですかとよく聞かれたが手作りマスクしているとあまりそういったことを言われないので益々調子に乗った。
 
 マスクが店頭から消えるとほどほどのママさんたちが手作りマスク派となったらしく手芸店からもダブルガーゼ、薬店でも数メートル巻きのガーゼもあっと言う間に売り切れた。そこで手持ちの素材だけでとにかく出来るだけ沢山マスクを作ってしまおうとここのところ頑張っている。マスクゴムも日ごろから買っておいてよかった。結構沢山手持ちがある。
 
 こういう時こそしっかりして皆で頑張っていこう。お花見もマスクして。花粉症でなくても、とにかくマスク、マスク!

| | コメント (4)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »