« 秋晴れの日に | トップページ | クリスマスリースを掛けた »

2019.10.31

金紋ツワブキ

Cimg0830_r2

 秋晴れの好天はまだまだ続いている。今日は夫と一緒に玄関先の竹垣にクレオソートを塗った。竹垣の腐食止め剤で、毎年二人して塗っている。今年は初めてクレオソートの匂いに頭が痛くなったりもしたがなんとかやり遂げた。さらに今年初めてはまだあって、一番下側塗る時にはしゃがむのだが、ここから立ち上がる時についに出た「よーいしょ!」。案外足腰は強いと思っていたのだが思っていただけでしっかりシニアなのだった。
 
 何回かこの竹垣塗りしたことを書いて塗った竹垣の写真をアップしてきたがそれも面白くもないなということで庭の金紋ツワブキの花と葉を摘んで生けた。塗った竹垣は左手にそうっと同伴している。金紋ツワブキも今年は花が少なく、この3本のみだ。そして葉はやはり虫食い被害ばかり。もう家の中で共生することにして小さく生けた。金紋ツワブキの葉は本当に星空のファンタジーといった感じのロマンがある。ツワブキの花は秋空の下、家庭でも道端でも山の中などでも見られるなにか懐かしい温かさを感じさせてくれる素朴な花だ。
 
 そうだ、明日からは11月。年賀はがきも発売される。これから一気に加速しつつ師走へと突き進み、年の瀬に向かう。でもでも、その前にクリスマス!草取りに力注いでばかりだったがそろそろ切り上げて明日からはクリスマス迎えの支度、クリスマスグッズも作って行こう。私の頭の中はキラキラのクリスマスで溢れている。

|

« 秋晴れの日に | トップページ | クリスマスリースを掛けた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋晴れの日に | トップページ | クリスマスリースを掛けた »