« 小さな秋草を | トップページ | 金紋ツワブキ »

2019.10.21

秋晴れの日に

Cimg0826_r2

 日本全国の熱量をピークにまでさせたようなラグビーワールドカップ日本大会。惜しくも準々決勝で日本は敗退したものの全て立派だった。私は深くまで知らないが俄かファンではなくラグビーという競技を好み長く応援してきた。世界に認められる力となった日本ラグビーは最高の試合を奮闘し続けて日本中に歓喜、勇気を与えてくれた。被災地への思いも伝わったと思うし、ご不幸にも負けずに頑張っていただきたい。
 
 関東方面へは台風が続けてやって来ているが九州は雨もなく秋晴れの好天だ。まだまだ花野への思いが絶てないが、自転車走行は快適だ。「野に咲く花の名前は知らない だけど野に咲く花が好き~」と気持ちよく歌いながら買い物に行っている。花野はしかと心の中にある。
 
 我が家の庭にささやかにあるミニバラ二本。私が殺虫剤を使わないのをいいことにまた虫さんたちがさんざん荒らしに来ている。あのトゲトゲの茎を登って葉を食べつくしそうな勢いだ。また私は無事な花を摘んで小さく生けた。花はこれだけだ。そして葉はほとんどなくなってしまっている哀れな状態。あれれ・・・。あまり季節感というか秋風情ではないが親の欲目もあって可愛いから載せた。御覧にいれるほどのものではないが被災の中、生存花の救出だった。
 これから秋はだんだんと深くなってゆく。

|

« 小さな秋草を | トップページ | 金紋ツワブキ »

風のお喋り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さな秋草を | トップページ | 金紋ツワブキ »