« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019.10.31

金紋ツワブキ

Cimg0830_r2

 秋晴れの好天はまだまだ続いている。今日は夫と一緒に玄関先の竹垣にクレオソートを塗った。竹垣の腐食止め剤で、毎年二人して塗っている。今年は初めてクレオソートの匂いに頭が痛くなったりもしたがなんとかやり遂げた。さらに今年初めてはまだあって、一番下側塗る時にはしゃがむのだが、ここから立ち上がる時についに出た「よーいしょ!」。案外足腰は強いと思っていたのだが思っていただけでしっかりシニアなのだった。
 
 何回かこの竹垣塗りしたことを書いて塗った竹垣の写真をアップしてきたがそれも面白くもないなということで庭の金紋ツワブキの花と葉を摘んで生けた。塗った竹垣は左手にそうっと同伴している。金紋ツワブキも今年は花が少なく、この3本のみだ。そして葉はやはり虫食い被害ばかり。もう家の中で共生することにして小さく生けた。金紋ツワブキの葉は本当に星空のファンタジーといった感じのロマンがある。ツワブキの花は秋空の下、家庭でも道端でも山の中などでも見られるなにか懐かしい温かさを感じさせてくれる素朴な花だ。
 
 そうだ、明日からは11月。年賀はがきも発売される。これから一気に加速しつつ師走へと突き進み、年の瀬に向かう。でもでも、その前にクリスマス!草取りに力注いでばかりだったがそろそろ切り上げて明日からはクリスマス迎えの支度、クリスマスグッズも作って行こう。私の頭の中はキラキラのクリスマスで溢れている。

| | コメント (0)

2019.10.21

秋晴れの日に

Cimg0826_r2

 日本全国の熱量をピークにまでさせたようなラグビーワールドカップ日本大会。惜しくも準々決勝で日本は敗退したものの全て立派だった。私は深くまで知らないが俄かファンではなくラグビーという競技を好み長く応援してきた。世界に認められる力となった日本ラグビーは最高の試合を奮闘し続けて日本中に歓喜、勇気を与えてくれた。被災地への思いも伝わったと思うし、ご不幸にも負けずに頑張っていただきたい。
 
 関東方面へは台風が続けてやって来ているが九州は雨もなく秋晴れの好天だ。まだまだ花野への思いが絶てないが、自転車走行は快適だ。「野に咲く花の名前は知らない だけど野に咲く花が好き~」と気持ちよく歌いながら買い物に行っている。花野はしかと心の中にある。
 
 我が家の庭にささやかにあるミニバラ二本。私が殺虫剤を使わないのをいいことにまた虫さんたちがさんざん荒らしに来ている。あのトゲトゲの茎を登って葉を食べつくしそうな勢いだ。また私は無事な花を摘んで小さく生けた。花はこれだけだ。そして葉はほとんどなくなってしまっている哀れな状態。あれれ・・・。あまり季節感というか秋風情ではないが親の欲目もあって可愛いから載せた。御覧にいれるほどのものではないが被災の中、生存花の救出だった。
 これから秋はだんだんと深くなってゆく。

| | コメント (0)

2019.10.08

小さな秋草を

Cimg0820_r2

 そして増税の10月となった。まだ食品以外のものは買っていない。世の中、当然ながら何かと問題も生じているようだ。まあなんとか賢い消費者でいきましょう。
 
 このところは夫と一緒にラグビーワールドカップのテレビ中継に夢中だ。自国開催でこんなにリアルタイムで凄い試合、素晴らしいプレイを観られるなんてすごく嬉しい。ここ熊本でも先日フランス、トンガ戦があって最高に盛り上がっていた。数日後にはウェールズ、ウルグアイ戦も行われる。何か月も前にこれらの試合の開始時間を調べて夕方だと判明した時点で直ぐにあきらめた。義母がデイケアから帰っているから。昼間であったら私はチケットを買っていた。最近それを話すと夫が一人でも行けばよかったのにと言った。いやいや、行くなら一緒でないと。そうでなければ行かない。まっ、そういう運命だったと直ぐにスパッとあきらめられたし後悔も無い。
 ラグビーをやっていた夫から何十年も一緒にテレビでラグビーの試合観ながらいろいろ教わった。ところがなかなか覚えてなくて何回も同じような質問とかばかり。その何十年かかってようやく最低限らしいラグビーのルールが分かり勢い付いていた頃にこのワールドカップだ。楽しく過ごしている。
 
 庭の草花は相変わらず育ちがよくなくてどれも小さくささやかに少しずつ咲いている。シロバナホトトギス、ミズヒキソウ、黄色のコギクを摘んで陶器の鉢皿に生けた。なんとなくの小さな秋。少しずつ朝方などはストンと冷え込んできた。間違いなく秋はやって来た。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »