« シオカラトンボ | トップページ | 「デザインあ展」に行った »

2019.08.14

ミニバラ一輪

Cimg0793_r2  台風の支度で家周りが終わり庭を見渡していると赤いミニバラが一輪だけ咲いていた。台風直撃でなくても大型台風の近くではある。大雨や暴風も予想されている。私はその小さな小さな一輪を手折って家に入った。直径6cmの小さな器に水を張り小さく短く生けた。この器はたぶん頂き物であるがミニ灰皿だ。タバコ1本を置くわずかなくぼみに肘掛け風に生けている。ここで水を揚げてスクッと短いなりにも自立した姿が大切だ。短い小さな花が花器に顎を乗せて「いい湯だな」状態は気が抜ける。このミニバラは一重で野ばら風だがパッと見はクリスマスのポインセチアにも似て見える。可愛い赤色だ。できるだけ長く目を楽しませてもらいたい。猛暑の最中。ミニバラ2本の葉は虫食いだらけ。調べて殺虫剤を撒けばよいのだが一度もやったことがない。無事な内に無事な葉、花を摘んで来ることだけだ。虫もよくトゲトゲの花の茎上ってパクつくよねと思ってもいる。
 
 昨年一昨年の体調不良から脱して今年は概ね元気で私は実に喜ばしい。「概ね元気」ですごく上等なのだ。何十年も使ってきた体なのだから誰でも多少の不具合は経験していて共生している。そして人間には知恵があるからそれをもパワーにしている。
 
 多くは高齢者だが車の悲惨な事故、柳葉包丁で人を刺し殺したり、はたまた放火しての大量殺人など見るに辛いニュースが多い中、この頃では芸能界の方々の結婚発表などが相次ぎややホッとしている。そして大好きな吉本の大騒動もなんとか皆が冷静になり最善を目指して動いている。よかった。笑顔が笑顔を呼ぶ。今、「笑顔になれる心の休ませ方」という小冊子を読んでいるが体だけでなく心がバテないようにしていきたい。ネットを見ると梅雨バテから夏バテ、続いて秋バテまであるらしい。なんだ、年中バテてしまうことなんだと笑った。季節季節にその季節をよく見て感じて好きなところを楽しみたい。私は猛暑は大変だけど夏は好きだ。暑いのも汗いっぱいなのもわりと平気だ。花が少ない真夏の今日、一輪の赤いミニバラを家の中に連れて来て益々幸せ気分になった。

|

« シオカラトンボ | トップページ | 「デザインあ展」に行った »

風のお喋り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シオカラトンボ | トップページ | 「デザインあ展」に行った »