« 気に入った息子の絵 | トップページ | シオカラトンボ »

2019.07.26

暑中お見舞い申し上げます、令和の夏

Cimg0786_r2  大雨、雷雨、遅くやって来てよく降り続いた梅雨もようやく明けたとの報道。すると待ってましたと猛暑が始まった。ミョウガの子がバンバン出ていて楽しく大収穫。蚊にもめげずに日々収穫。訪ねてきた夫の友人にもお持たせした。半ば押し付けで。しかしその方の家のミョウガはまだだと言っておられたので少しでも薬味で使っていただければ嬉しい。
 
 ミョウガの子を摘みながら目に入ったのは葉に取り付いたセミの抜け殻だ。そして頭上では朝早くから元気にセミが鳴いている。その数は多い。つい最近、ニュースで高校生の地道な研究、発表によりセミはそんなに短命ではないということが話題になった。とても悲しく思ってセミの鳴き声を応援していたのだが、一ヶ月くらいは生きているということだ。なんだか嬉しくなった。映画にもなったけど「八日目の蝉」ってバリバリ元気なところだったのだ。でも、とにかくよかった。
 
 そして相変わらず草取りと除草シート張り。お客様が見ると思われるところを除いてコツコツとこの作業をしている。雨の間に雑草の勢いはすごい。しかし、汗にも蚊にも負けず毎日少しずつ頑張っている。その後着替えて扇風機にあたりながらリアルゴールドを飲むのが楽しみになっている。
 
 ところで、大好きなお笑い、吉本の大騒動は収束のめども立たなくて私も何やら悲しく辛い。長い梅雨降りが明けてまた心から日本中を大笑いさせてくれる大所帯の再起を願っている。

|

« 気に入った息子の絵 | トップページ | シオカラトンボ »

風のお喋り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気に入った息子の絵 | トップページ | シオカラトンボ »