« 青いガクアジサイをちょっと生け | トップページ | バジリコスパゲティ »

2018.05.28

ニチニチソウと共に

 Cimg0540_ 玄関先のハンギング鉢にはまたパンジーに替わってニチニチソウが登場した。スーパーで見つけて、買い物多く自転車だったがどうしてもとの思いに駆られて腕に下げての帰宅となった。そしてまた長い間、毎日咲き続けてくれることになる。
 花屋さんで切り花として見たことがないのだがずい分以前ではあるが生け花の花材として出会った。今ではどんどん生け花の花組みをできる花屋さんも少なくなってしまったが昔は多かった。枝物というと花に添えて素敵感が出るものを添える、あるいは花咲く枝物ばかりになった。昔は植物全般の知識が豊富で、水揚げ等も相談したり教わったりした。時代に乗って行くのだから衰退も仕方ないのだろうけれど少し寂しい。確かに今では枝物に配材としての花を取り合わせることを毎週は大変なことに違いない。生ける側もそういう時勢に乗っていくことも大事だ。今、生け花お教室をしていたら難しいだろうなあと思う。たぶんうんと若い世代の先生方が新しく上手にやっておられることだろう。昔ながらの花生け人は私もそうであるが頭柔らかくして自分なりに進んでいかなくてはと思う。
 
 それにしてもニチニチソウはいつ見ても笑顔いっぱいという感じで心がフワーッとなり楽しくなる。本当に大好きな花だ。毎日笑顔でいてくれる。本当に、たいていのことは些細なこと、大丈夫大丈夫と言ってくれているように感じる。そして笑顔になれる。辛かった日にも間違いなく笑顔になってきた。また今年もニチニチソウと共に笑顔で暮らしていきたい。そう、SMILE!


|

« 青いガクアジサイをちょっと生け | トップページ | バジリコスパゲティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青いガクアジサイをちょっと生け | トップページ | バジリコスパゲティ »