« 満月 | トップページ | 今年はまだ蕾 »

2017.12.15

歳末の趣

 Cimg0380_ いよいよ本年も加速しながら歳末へと向かっている。玄関先の小さなカエデもすっかり紅葉を落としてしまい、風でバンバン舞って行くので片付けようとしたが、とりあえず写真を撮った。これも歳末の趣。これから裸木になっていくが、その体内では力強く春待ちながら生きている生命がある。枯れてはいない。
 
 姪の結婚が決まり弟夫婦、姪とお相手の方が我が家に見えたりしてなんとも楽しいこの頃だった。本当におめでとうございます。弟夫婦も当然ながら幸せそうだった。我が家はシニア家庭となっているので家族がすれ違うのも少なく、少しでも人が増えると「人とすれ違う」という事象が多くあり、これもまた楽しく思える。そして人が増えると笑いも増える。笑いが増えると家も喜ぶ。とにかく築50年の古い家に古い人たちが住んでいるのだが幸い笑いには溢れている。大雑把に言えば「金は無くても愛がある」家で、そのことが実に喜ばしい。ニュースは相変わらず明るくないことがほとんどだ。スポーツ界さえも最近はすっきりしないことばかり。世界、日本のニュースもテレビドラマにそのままありそうな事柄で時々「うそー!」と思ってしまうくらいだ。まあ世の中のこと7割方よくないことなのだと思ってはいるのでそういうものかもしれないが、少し苛立ったり悲しくなったりすることもある。
 
 しかし表掃きながら手に息吐きかけて朝日を浴びていると毎日新鮮な喜びに満たされる。こんなに明るくないニュースが多いのだから家庭内のささやかな事柄であっても有り難いこと、おめでたいことは心から喜びたい。意味が違うが私はおめでたい。シャ乱Qの歌歌いながらバンバン掃き掃除している。今日の元気をありがとうございますと感謝しながら。


|

« 満月 | トップページ | 今年はまだ蕾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満月 | トップページ | 今年はまだ蕾 »