« 赤い手拭いで帽子を | トップページ | 星に願いを »

2017.11.19

冬を迎える

  Cimg0372__2Cimg0373_ 布帽子を一人で楽しんでいると少し前の小春日和がうそのような初冬の到来。全国的に12月半ばくらいの気温だそうだ。ほとんど衣替えも済んでいたが残りを急ぎ、また防寒衣料、寝具も急いで出した。まあこれでなんとか乗り越えられるだろうと一安心した。
 
 玄関先のハンギング鉢の日ニチニチソウは地植えにして、パンジーに植え替えた。ところで昨年地植えして今年もバンバン咲き誇った白いニチニチソウは相変わらず元気に少なくはなったが咲き続けている。でも、つい味占めてしまったが来期には今年のニチニチソウもまた芽吹いて咲いてほしい。昨年のニチニチソウもまた一緒に咲いていてほしい。
 
 秋田の先生とお社中の先生方と食事を一緒にした時に「辛抱するしかねえからなぁ。一年の内、四ヶ月はほぼ雪ん中だ。でも、やっぱり吹雪くと辛ぇなぁ。」(覚えているのはこういう言葉だったが地元の方からすると間違っているかも。ほぼこういう感じだった)という言葉が出た。本当に、慣れていても大変なんだなあと思った。そして、だからこそ口数少なく、辛抱強い東北の地の方々なのだとも思った。暗くなく、ふんわりと優しい方ばかりだった。
 
 人生の中でもそういう時期がある。大きなことがなくても日常でもそういう時もある。辛抱ね、と思った。辛さを抱えて耐えるのね。そうか、それを私もふんわりと優しく言えるようなおおらかな人でいなくては。パンジーを植え付けながらそういうことを考えた。冬を迎える支度が出来た。この南国での冬は辛抱するようなものではない。しかし、心身共に元気に冬を乗り切って行こう。

|

« 赤い手拭いで帽子を | トップページ | 星に願いを »

コメント

ニチニチソウって一年草じゃないんですね!
地植えにして毎年咲くなんて素敵ですね~tulip
パンジーは寒さに強いでしょ!可愛いのに見掛けによらず逞しいよね~

先日、大病をした友達の快気祝いをしました。
まだ完治ではないそうですが、大病をして一つ吹っ切れたような?「もう人生ケセラセラよ~」と言ってました。
大変な思いをして、なお優しくおおらかになられたような気がしました。
皆、逞しいですねconfident

今朝は冷えましたよねpenguinでもこれも東北の方にしてみれば大したことないですねcoldsweats01
心豊かに寒さを乗り切りましょうpaper

投稿: moko | 2017.11.25 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い手拭いで帽子を | トップページ | 星に願いを »