« 冬を迎える | トップページ | 満月 »

2017.11.29

星に願いを

 Cimg0096_昨日は戻ってきた小春日和の陽気で、久しぶりのクラス会。美味しいランチを皆で食べてからは私たちの卒業した高校へと散歩して行った。正門辺りは地震による工事中で、大回りして裏門から入った。実は私は高校を卒業して以来初めての母校立ち寄りだった。ずい分経っているにもかかわらず変わっていないことが多かった。人数が十人超えているとそれぞれに覚えていることがあって、さまざまな解明も出来た。カエデの紅葉もイチョウの黄葉も本当に美しく、感嘆の声しきりだった。時間かけて隅から隅まで見ていって満足した。私はカメラを持たずに出たため写真に残せなかったが皆スマートフォンのカメラで沢山撮影していた。今日、集合写真が私にもパソコンに届いた。自然には負けるものの、その自然に高揚している昔乙女たちの笑顔が楽しい。
 
 実に久しぶりに皆と会えてよかった。今日は雨となり、天気にも恵まれていた昨日で本当によかった。元気に、笑ってまた会おうね。昔と変わらずに笑顔で手を振り振りそれぞれ別れた。
 
 昔、いただいた手回しのオルゴールがある。手のひらに乗る小さなものでそうっとネジを回すと愛らしい音がする。曲名は「星に願いを」。絵柄も付いているが映画の「ピノキオ」で歌われる。辛く苦しい夜に一人でこのオルゴールを鳴らして聴いたものだ。
 世界も日本もニュースはスポーツを含めて明るくない。すべてが愛がもたらす明るい日々で満たされるようにとこの年の瀬にも願う。ようやく自分のことを離れて大きなことを願う余裕も出てきた。オルゴールの音色は心に染みた。
 


|

« 冬を迎える | トップページ | 満月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬を迎える | トップページ | 満月 »