« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016.10.25

来年の手帳

Cimg0117_ 近くのショッピングセンター内に100円ショップがオープンした。乾電池をまとめ買いしたついでにあれこれ見て回り、ふと目についた手帳を買った。来年の手帳だ。でも今年10月から使えるようになっている。いろいろ書き写してこちらを使おうかと思っている。大体、ディズニーのお姫様とか花柄ばかりだった毎年の私の手帳。今年、未曾有の震災に遭い否が応でも来る年に新しい希望と夢を抱かずにはいられない。この年での被災で少しヨロヨロなのだけど、この手帳見るとまだまだ少女のような気持ちに戻って新しい日々を迎えられそうに思えてくる。
 
 昨日は高校同級生と喫茶店で会った。わりと沢山が集った。久しぶりと言うか卒業して以来初めて会う方がいた。その彼女を囲んでのクラス会という趣旨だった。同じ年だし昔を知っているし同級生は気が晴れてパーッと楽しくなる。数日後には中学校の大同窓会も控えている。長いことあまり気も乗らずにいたけれど数年前からちょっと気が向いてきた。そして震災を経て、会える時に会っておこうという気持ちがムクムクと湧いてきた。そちらも張り切って出かけて行く。今後、機会を捉えてはせっせと出て行く。気が向かないものはパスする。時間こそ大切だ。
 
 この手帳に楽しい予定がたくさん書けますように。夢のようなメモも書けますように。書く時が楽しく、笑顔でありますように。なかなか難しいけど。だんだんお金の計算、引き落としの日に金額とか超現実的なメモになっていたりする。でもそういうのと混在していてもいい、笑顔の手帳になりますように。100円ショップから始まる手帳の夢ひとつ。

| | コメント (2)

2016.10.18

キンモクセイの香り

Cimg0113_ 「あっ!!」と思った。洗濯ものを干しに出て物干し竿の所まで来た時、こめかみが痛んだ。ああそういう季節だと思った。傍に大きなキンモクセイの木があり沢山の花をつけていた。木も大きく花も多いのでその香りの強さはすごい。私はそもそも甘い花の香りというのが苦手だ。そしてこのように集合していて香りが凝縮状態にあると瞬時で頭が痛くなる。つまり生理的に合わないのだ。木や花の好みとは関係なく体質なのだ。参ったなー、今年もと思う。申し訳ないことだが息を殺してやって来てさっさと洗濯ものを干したり取り込んだりして逃げるようにその場を去る。
 
 ずい分以前に本屋さんとかスーパーマーケットとかのトイレの洗面所でこういう強い香りがした。本当に気分が悪くなり、その後それらの店舗には行かなかった。芳香剤のフローラルの香りとかいうものだと思う。本来、香りを好まないので近づいて「・・・あ・・・!」というくらいのかすかなる香りは憧れる。しかし体質的に弱いのでそれ以上はなかなかつらいものとなる。キンモクセイもその小花の2、3個を手に取ってみると案外よいのかもしれないがトラウマなのでキンモクセイ自体を避けてしまう。
 
 全国的に10月なのに夏日、真夏日が多い様子。当地も真夏日が続いている。ようやく震災片付けが一段落、さて自分のことをと思っていたがこうなると衣替え以前の秋冬ものの洗濯や天日干しに励んでいる。そして「あー疲れるー!」と一人で騒いでいてバカみたい。でも「今でしょ!」と本気で思うからやはりそれを優先。その後にいよいよ自分の片付け整理しながらクリスマス支度に入る。それが楽しみ。

| | コメント (1)

2016.10.04

オルゴールの音色

 Cimg0096_ 家の中の被災後の片付け、掃除をようやくやってしまったが私自身の物の整理片付けがまだ残っている。震災後割れたものが無いのだけを確認してそのままだった。あれだけ陶磁器やガラスの花入れ等があるのにそれはそれは驚きの事実だ。日頃からしかと固定していたこともあるかもしれないが、やはり運だろう。生け花には運があるのかもしれない。とにかくそれ以外にも長い人生の内でのさまざまな物が押し入れの中でも散乱していた。忘れていたようなものがポンポンと飛び出ていたりもした。
 
 誰からのいただきものか覚えてもいないが小さな手回しのオルゴールがふとコロンと転がった。テーマパークでのお土産だけど、実は気に入っていたものだった。ピノキオが描かれている通り、曲名は「星に願いを」。これを何回か入院という時に持って行っていて夜中にそうっと手回しして聴いたことを思い出した。個室だったからできた。
 最近のオルゴールは曲名は多様化しているが音が金属的とでも言うか、とにかく好みではなかった。しかしこのオルゴールはほろりとなるような郷愁感に陥った。ずい分癒された。ほぼ4cm立法の小さなオルゴールだ。そうっと手回しすることの楽しさは一人でいても夢のようだった。すぐ会えるようにパソコンのデスク引き出しに入れた。
 
 母が買ってくれた大昔のオルゴールはねじがプッツンとちぎれてしまい、全国あらゆるオルゴール関係のメーカー、工房にメール出して尋ねてみたがまったく不可能という返事だけだった。エポキシ系ボンドでもだめだったが最強接着剤を探し求めていつの日か復活させてみたい。
 大型台風がまたまた九州に向けて接近中。オルゴールの音色にしばしまどろむひと時が欲しい。


| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »