« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »

2016.03.14

春休みのお知らせ

 http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=insert_image&blog_id=87513"Imgp3827_"本当に遅々とした更新で何とも気まぐれ、ささやかなブログながら長々と続けている。しかし事態の急変により早々の春休みに入ることになった。
 一昨日の午前中は普通に使っていたデジカメだった。ところが午後になってパソに取り込もうとして電源が入らないことに焦った。本体を打ったことも落としたこともないのに、なぜ!? 私は説明書を見て可能性として電池の新旧、入れ方しか考えられないとしたことを知った。リチウム電池はこまめに充電しているし、さらに新しい電池に入れ替えてもみた。やはりダメだった。参った。
 明けて昨日、近くにある量販店に開店目指して行った。そのデジカメを購入したのは別の量販店だが長期保証が既に切れていたのだ。知らぬ間に6年以上経っていた。長期保証が5年だったとは驚きだったがさらに驚いたのは量販店のデジカメ担当の人が言ったことばで、「一般的な家電品も一応の寿命が7、8年ですからね。デジカメは概ね5、6年ということで長期保証は5年しか無いんですよ。」というもの。「ええっ!?では、このデジカメは普通に使っていても寿命がやってきていてポックリ、なんですかぁ?」と尋ねると「かもしれません。考えられるのは基盤の傷みで、基盤を交換しての修理だと工賃含めて2万円くらいが相場です。そうなると買い替えた方が得なんですよ。」担当者はやや気の毒そうに言い切った。そーかー。。。と即座に受け止めた。
 
 とりあえずメーカーに状態を見ていただくように出してきた。たぶん昨日のあの会話の通りだろうけど。それだけでも(混んでいるのか)2、3週間かかると言われた。この検査入院の間、とにかく春休みにしようと思った。念のため売り場でいろいろデジカメを見てはきた。しかし様子を見て動こうと思い直した。
 
 写真、何かないかなーと思って探していたら懐かしいアンズの花が見つかった。昨年の花だ。まさかあの大型台風の被害で大きな切り株状態になってしまうとは昨年の春に想像すらできなかった。通る方々によくサクラと間違われたアンズ。幸いまだ死に絶えてはいないが花とは会えない。でも「また会おうね!」と言いたいアンズの花の記憶とともに、この拙いブログ春休みのお知らせとさせていただくことにした。
 それでも、お越しくださったお方には心から感謝の意を表します。またお会いしましょう!


| | コメント (8)

2016.03.04

紅茶葉のジャンピング

 Imgp4212_
  本当に二月が逃げて三月になった。卒業式などもあちこちで行われ、庭の花木も日中の暖かさに誘われて息吹いてきている。森羅万象、生命の息吹きだ。なかなか勢いがあってよいものだ。
 
 親しい友人がプレゼントしてくれたガラスのティーサーバーに自分の分の紅茶をいれる。

 新しい茶葉に沸騰した湯を注いで直ぐにその蓋をしてパッと見る。紅茶の茶葉が元気よくジャンピングしている。気持ち的には拍手喝采ものであり、ワクワクする。こうしてほぼ1分じっと眺めている。今回は写真を撮ったのでいくらか眺め損なったかな。
 茶葉は大好きな茶葉だ。当地のデパート地階に出店していたその店が数年前に撤退した。えーっ!と思って、隣県に出る時に三越に行って買ってこなくてはと思っていた。しかしなかなかその機会にも恵まれなかった。用だけで帰ることが多くて天神の三越に出向くことがなかったのだ。
 仕方なく違う紅茶を飲んでいた。しかし時々「やはり、あれが飲みたいなー」と強く思うのだった。私はネットショッピングをしようとして試みたが送料があまりに大きくなって、紅茶の一缶だけの購入ではだめだなと感じてやめた。その次にネットオークションを思い立ち、結局それで定価よりわずかに安く購入できた。それというのも補償がなくても定形外、普通郵便で送っていただくことにしたからだ。しかしたぶんお土産の到来品だろう、まったく新しいものだった。私はここでも拍手喝采だった。
 
 さて、紅茶はこの後、二重になっている茶葉が入った中の方のグラスを抜いて、蓋を外してグラスの底敷きにして準備完了。いそいそとパソのデスクに向かい、ティーブレイクを楽しむ。「あっ、美味しい~!」とまず一口。喉も乾いていたか、続いてグビグビ!しまったと思ってその後はゆっくりと楽しむ。
 
 春だ。私もジャンピングしなきゃ。・・・ちょっと身を軽くするのが先だね・・・。

| | コメント (2)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »