« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015.06.25

まだまだ梅雨明けず

 Imgp3913_ 稀に晴れ間が出たりもするが相変わらず梅雨の最中だ。湿度が高い日はベタつき、気分もすぐれない。しかしようやく長々と私を苦しめた皮膚炎から脱することができた。皮膚は敏感でも弱い方でもなかったのに加齢その他の要素も相まって、治るのに日にちがかかってしまった。これからはさらに用心用心でいかなくては。

 そうこうしている内に夫が、次いで私が誕生日を迎えおめでたくもパチパチパチもので、お寿司とメロンをバン!と買ってきて楽しく食べた。まー、やめられませんわー、楽しく年を重ねてゆくこと。パクパクパク!

  さらにそうこうしていると高齢であられた夫の叔母様が亡くなられて、仮通夜、通夜、お葬儀と三日足を運んだ。来月で九十八歳になられるという長寿であられたので大往生と言えるのだが朗らかで親戚中の人気者だった。不幸にも最後の二年間は寝たきりでお身内の判別もつかないようになってしまわれたが、それでも少人数制のホスピスホームの方々も大変よくしてくださったようだ。お顔は安らかだった。
 そしてその家系たるや超が付く明るさ朗らかさいっぱいの皆さんである。まだ魂がフワフワしていて、その様子ご覧になり喜ばれたことだろう。残念ではあってもすべてのお身内が悔いないように本当に心を寄り添わせて最後まで過ごしたのだから。そして涙してもまた皆で大笑いしている明るいお身内は叔母様のお気持ちそのままであると思った。

  SMILE、SMILE! うっとうしい長雨の日々であっても笑顔で。
庭のミニバラをわずかに摘んできてミルクピッチャーに生けた。雨粒のようなビーズやビー玉も周囲に遊ばせてみた。


| | コメント (4)

2015.06.07

梅雨の真っ只中

 Imgp3874_ そんなこんなしている内に梅雨の真っ只中となった。時々梅雨とは思えない好天気になったりもするが概ね曇りで雨となる。降る時には容赦なく降る時がある。雨の中で咲いて生き生きとするアジサイは晴れの日には弱っているようにも見える。しかし雨の中では実に鮮やかに咲いている。葉も花もホコリ等からも洗われて美しい。
 
 私の毛虫マケ騒動は一時の大騒ぎからは抜けられたものの、相変わらず続いている。見た目はずい分引いたが本人としては、かゆい!かゆいというのはつらい。薬を塗って眠る時にはパジャマのボタンの一番上をしっかりと留める。大体眠る時には一番上のボタンだけは外して楽にして眠るのだが、そうしていると眠っている間にかゆくてひどく手指で掻いてしまっていることが多い。朝になってびっくりする状態を目にしたことがある。「搔いてはダメ、ダメ!」と呪文のように言いながらしっかりと一番上のボタンを留めることにした。なんとかそれで少しは状態が良い。
 まだ皮膚科でいただいた塗り薬がわりとあるから塗り続けているが、なくなったら再診だと思う。実際、先日マンモグラフィ検査の日に触診もあり、乳腺外来女性医師が「これはもう一段強いステロイド薬を塗らなければ治らないかもね」と仰った。見た目はずい分よくなったのにそう言われるなんて、がっかりだった。なんとかこの薬塗り切るまでに治りますように。でも、それにしても、かゆい。かゆいのはつらいわー!もう仕方ないから笑ってしまおう!


| | コメント (2)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »