« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015.02.27

うれしい雛祭り

 Imgp3805_
Imgp3802_

  スーパーの出入り口付近の大きなポリバケツに丈短いモモの花の枝が束ねてあった。私は直ぐに一束取り買って帰った。今の住宅事情などだとこの位の丈が丁度良い、使いやすいのだと思った。そしてそれから以前折り紙したお雛様を見つけ出してきた。素敵なステージもなく、とりあえず簡易スタジオを設置。人からいただいた花束を包んでいた若草色の和紙にお雛様を並べて、モモの花を生け合わせた。お雛様もバックも紙なので突然花入れだけが硬い素材ではと思い紙製品にした。ずい分以前に子どもと作る紙の器講習会があり、牛乳パックを土台にして中と表に和紙を貼って作ったものだ。牛乳パックそのままならば水を入れられるが中にも和紙を貼っているのでオトシを使った。ジャムの空き瓶を入れ、それに水を入れてから生けた。
  
 お雛様はわりと大きいため、小さいならばそうも気にはならないがなにやら「のっぺらぼう」のような感じがした。そこで下手なお顔描きしてしまった。微笑んではいるが、「・・・いーんですよー・・・」といった風に見えてしまうのは私が白酒も菱餅、ひなあられも差し上げていないことに対する申し訳なさかもしれない。でも野にあってモモの花枝だけあって、それでも二人で幸せ気分といった感じでいいですよーと心の中でゴマすった。
 
 
 私は雛祭りは好きだった。ちょっときれいなものを着て御馳走食べていたたように思う。ぼんぼりの形も夢のようでお気に入りだった。あかりをつけましょ ぼんぼりに♪ 「うれしい雛祭り」を歌いながら、もう今は形もない私のお雛様飾りのことなど思い出した。きっと女の子を持ったお母さんは娘の成長、幸せを限りなく願い手入れしていたんだろうなあ。私も武者飾りもいいけどお雛様飾りもよかったかも、などともはやどうにもならないことまで思ったりした。

| | コメント (2)

2015.02.21

紅梅も咲いた

Imgp3788_Imgp3791_ 白梅はほぼ満開となり続いて紅梅も咲き出し、どんどん咲き続けている。枝が豪快にある高いところの花もいいのだが先日撮った剪定され残りの小枝の蕾もしっかりと咲き出した。ポコポコしていて愛らしい。一輪をアップにしてみると、よく絵柄に描かれているような花芯が中心からパッと糸のように広がった形だ。空は曇っていて雨になる予報なので暗い。灰色の空には見上げた紅白の梅を撮る気がなかった。
 
 冬を越えた体には春先にいくらかの不具合が生じる。大きなものではないにしろ季節の変わり目には多々あることだが冬から春へと移る時が一番大きい気がする。よく考えてみると節分は立春という冬と春の分かれ目なのだが、本当はそれぞれの季節の変わり目にある。しかし豆まいて邪気払いして福を呼ぶのは春迎えの時だ。きっとそれだけ冬越えが堪(こた)えるのだと思う。春を迎えるということがどれだけ新たな希望を抱くことができる心嬉しいことなのか、昔から今に至るまで変わらないのだろう。

 そんなことなどふと思ってまたポコポコ咲いてきた紅梅に目をやると、桃の花を思い出した。そうだ、雛祭りも近い。この間、ずい分長い間折っていなかった雛人形を折り紙したことも同時に思い出した。ウメには悪いけど、そうなったら気持ちは先の雛祭りのモモの花に行ってしまっていた。

| | コメント (0)

2015.02.15

メジロがやって来た

 Imgp3771_
 例年通り、我が家では紅梅よりも白梅が早くに咲いた。そして咲いたとなるとどんどん咲き続けている。そして今朝、メジロがやって来た。萌黄色(もえぎいろ)した羽の色はいかにも春の到来だ。白い枠のある可愛い目は遠くでもよくわかり、愛らしい。急いで家の中にデジカメを取りに行った。戻ったら、よかった、まだいた!ところがメジロはウメの花をツンツンして回っている。そうして小枝から小枝へと行くその速さったらない。アタフタして撮りまくり、なんとか撮れたと言えるのがこの1枚だ。
 
 数年前にテレビでメジロが「メジロ押し」しているところを観た。大笑いした。「ちょっと、詰めて、詰めて!」「もう少し寄って、入れて!」と、グイグイ列に入り込んでいっていた。ぷっくりした体で、目はパッチリ、健康的なお嬢さん風、決してオバサン風ではなかった。 
 
 夫がパソコンでメジロの鳴き声を出してくれた。それは家にいてよく耳にしていた鳴き声だった。私はよく表や庭に出るが姿を見たのは今年は今日が初めてだった。そうだ、ウメの花が咲いたから降りてきたのだ。と言っても高い所だけなんだけど。それでも嬉しかった。「冬は終りだよー」という使者のような気がした。確実に春の予感させるメジロさんだ。

| | コメント (0)

2015.02.14

ハッピーバレンタインデー!

Imgp3777_
 先日チョコレートを買ってきてガトーショコラを作る気でいたら洋菓子屋さんからメールが届いた。バレンタイン仕様のケーキ(数種類)をこのメールが届いたあなたは10%OFFで買えますよというもの。直ぐに予定変更、予約の電話をした。そしてよく晴れた今日、バレンタインデー!ポイントカードを握りしめて自転車走らせ洋菓子店へ。

 帰宅後は「いいよ、いいよ!」とグラビアアイドル撮るカメラマン風。でも久しぶりに買ったケーキ!しかもバレンタインデー!

 バレンタインデーにケーキを買うのは昨年、一昨年と私がチョコマフィンを作ったので三年ぶり。食べる時じーっと私に見られていて、ガトーショコラを「まあ、美味しいね」としか言えないよりは断然これでしょね。このお店のチョコレートケーキで、名前はオペラ。今回はダブルサイズなので二人で仲良くねということだろう。まあ素敵だわ。そして案外、シニア夫婦が大笑いしながら食べるってのも悪くない。煮豚(今、煮込んでいる)メインの夕飯の後で、果物やお茶と一緒に食べよう。わー、楽しみー!
 
 ハッピーバレンタインデー!夫よ、ずっと笑顔でいこうね。一緒に笑っていこうね。商戦に乗っかっているのも経済回してあげてるのだから、悪くないよ。笑って食べようね。
 今日は世界中の皆さま、笑顔でチョコと共にお幸せなひとときを。だから、戦争もなくなってほしい。皆でチョコ食べて笑っていたい。単純なオバサンは心からそう願う。

| | コメント (2)

2015.02.06

古木に蕾

Imgp3764_


 イスラム国と名乗る過激派テロ集団は日本人とヨルダン人の人質を殺害、本当に事態は最悪の結末となった。戦争下ではあると思われる、人が人に行うこととは信じられない残虐さで、その光景をネットに配信するなど信じられないことだった。しばらく精神的に落ち着かず胸が裂けそうな思いだった。
 
 今になって少しようやく落ち着いて、彼等に対して激しい憤りとなった。その頭にきている事柄に対して、どうしたらよいのかわからない。今は祈るばかり。いやいや、ワラ人形ものだ。ああいう輩は世間に出て来られないようにしなくては。
 
 庭の梅の花はいくらか蕾は膨らんできたがまだまだ咲かない。年末にずい分短く剪定してもらったが、生き残った小枝にポンポンと紅梅の蕾が付いている。苔むした古木、一時は幹の内部が空洞化するほどシロアリ被害に遭っていたウメだ。なんとか持ち堪えて毎年きれいな花を咲かせてくれる。
 花はそれぞれ違うにしろ、どんな戦場、悲惨な場所にでも野の花なりでも咲き続けている。花は天のお計らいであるに違いない。そして希望であるかもしれない。
 
 さてさて私も古木に小枝ながら小さな蕾びっしり付けられるようにがんばろ。でも、あー、古木って疲れるわー。。。

| | コメント (2)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »