« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014.08.20

ルドベキア マーマレード

Imgp3530_


 秋雨前線ったって、あまりに早すぎるし、しかしこのところ全国でこの前線が被害をもたらしている。土砂崩れ、川の氾濫、大雨による冠水など。ニュース見て本当にお気の毒である。当地も降る、降る。時には雷も鳴ってドドーッと降ったりもする。そしてにわかに晴れ間を見せたかと思えばまた暗くなって雨。梅雨降りと同じだ。
 
 庭にかろうじて咲くルドベキア。品種名はマーマレード。私はルドベキアとだけ言うと古代都市名のようで、マーマレードが付くと愛らしいから長々と言う。朝に通りかかると「おはよう、ルドベキアマーマレードさん!」という具合だ。たぶん、私にはもの忘れ防止には草花の名前くらいしかないだろう。今のところほとんど「あれ、あれ!」ということはない。それは感心するし嬉しいことだ。 

 さて、このルドベキア マーマレードは私の亡き実父が抱えて持ってきて植えてくれた。ほとんど我が家に来たことはない父が私にプレゼントしに来てくれた。だから形見のようなものだ。花の少ない盛夏にヒマワリのように元気に次々と咲いてくれるし、実際暑さには強い。もう終わりに近いのだが未だにお仏壇に上げる分として頼りになる。花は曇りや雨の日にも咲く。今日、雨の中を撮影しに出た。晴れた日と変わらない。陽が無いと咲かない花、陽が沈むと閉じる花が多々ある中で雨の中でも元気に咲いてくれている花は素晴らしい。さすが父のように根性があるなと、また感心する。アジサイは雨の中の風情でその地位を確保しているのだが、晴れの日と変わることなくおひさまのように咲いているルドベキアには声かけしないではいられない。ただの挨拶であっても。ルドベキア マーマレードさん、この春夏も毎日ありがとう、お疲れさまー!

| | コメント (1)

2014.08.11

コギクを植えた

Imgp3525_


 台風が二つ、続けてやってきた。それなりの準備や覚悟でいたのだが幸い当地はかすりもせずに去った。ただいくらかの雨やすごい風には遭った。それにしても特に四国の方々のことを思うと胸が痛む。傷が癒えていない内に再度の大被害に遭われて、夏休みもお盆も無い日々だろう。
 
 お仏壇に上げるお花がとうとう庭にも無くなった。かろうじて咲いているルドベキアとユウスゲ、ススキを上げているが、それももうじき終わりになる。我が家にコギクがあれば重宝だと思って自転車で苗を置いている店をあちこち廻ったがコギク、キクの類は無かった。仕方なく、ネット上の種苗販売会社からコギクを注文した。4種類、8ポットで2400円、なかなかいい値段だった。しかし根付いてくれたらずっとこちらのものなので思い切った。それが届いたのが先の台風がまさに最接近という日だった。ダンボール箱に入れたまま台風をやり過ごし、直ぐに続いた台風をもやり過ごした。
 ポットに入っているし土は湿っていたし、毎日覗いては確認するだけだったが、いよいよ今日になって庭に植え付けた。8個の内2、3個はあきらかに弱り果てていた。しかし復活を信じて一緒に植えた。隣との間隔が30cmなので遠目に全体を撮ると豆のように小さくなるので代表して「品種名、カルメン」(赤いコギクかな?)を撮った。全部、元気に育ってほしい。がんばれー!
 
 来月9日の菊の節句には当然まだまだ無理だけど、いつか先ではコギクを沢山生けてみたい。それほど沢山花が咲いてくれたら嬉しい。コギクはどちらかと言うと脇役的な扱いが多いが、あると重宝、無いとさびしい花材。元気に育ったら来春には差し木をして増やそう。あー、頭の中をクルクルといろんなコギクの姿が廻る。廻る。

| | コメント (3)

2014.08.01

八月になった

Imgp3494_


 八月になった。そしてまた台風もやって来ている。今朝はなんとか廻って帰るまで大丈夫ではないか、たとえ降っても小雨程度だろうと甘い考えで自転車で出た。銀行、コンビニ、スーパーと行ってスーパーを出る時はガーンとなった。なんと土砂降りだ。多くの人が出入り口に溜まった。もし車であっても車までにはずい分濡れそうだった。私は少ない買い物だったのだが成分表と賞味期限の確認で時間が大きくかかってしまっていたことを後悔した。しかしこんなに降るとは。しばらく待ち、少しだけ弱くなったところで自転車のところへ行き、ダーッと帰ってきた。しかし久々のずぶ濡れ状態だった。商品等は袋類はたくさん手持ちしていたのでしっかりカバーできた。不思議なことに、私が帰宅してからは雨はピタッと止み、明るくなったままだ。台風の影響で不安定なんだろうけど。
 
 さて、手持ちの布を利用して何か形にと、最近またミシン動かしている。夏場用の爽やか系ティー・マットを作った。手元にあるものだけで作るのだから妥協しなくてはならない。まあまあかなという具合。しかしなかなか気に入ったかな、続いて布を組み合わせたりしている。
 台風が過ぎて、八月の強く明るい日差しを窓越しに眺めながらこうしてゆっくりと一服したい。私はあまりアイスコーヒーを飲まないが、朝コーヒーメーカーで多く作ったので残った分を冷蔵庫で冷たくした。小さな花を添えるゆとりが心地よい。
 

| | コメント (2)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »