« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014.07.21

窓辺の金魚

Imgp3470__2Imgp3471__2Imgp3472_

 友人のプレゼントで金魚のフェイクがある。彼女の店で目の前に置いてあり、実は本物だと思ったので可愛いけどコップは可哀想かもねと言うと笑われた。「よく間違えられるけど、そりゃ偽物。見てごらん底を。」と言う。よく見ると小さな鉛の重しが沈んでいてそれにくくり付けている釣り糸をたどると浮いているプラスチックのよく出来た金魚さんに行った。「一つあげるね」と言って私にセロ袋に入ったセットをプレゼントしてくれた。
 梅雨明けして33℃の気温の日々が続きハッハッとなっているこの頃、引き出しの中から偶然見つけたこの金魚。一年間すっかり忘れていたが、よい機会なので私もコップに入れてみた。目を凝らして近くで見ると偽物なのだけど遠目にはまったくわからない。それを台所の窓辺に置いてみた。もっと爽やかなブルーのガラス玉なども置いたり小道具にも凝れば雰囲気も出たかもしれないが、やめた。なんとなく気が乗らなくなったから。
 
 台所の窓辺にはロッキンチェァーに座った木製のネコがいる。一応、私が勝手に台所の守り神としている。たまに愚痴ったりして話しかける相手なのに守り神とはなんとも身近な神様だ。とにかくこのネコ神様が横目でジロッと見たあたりで「ヤバイよ、ヤバイよ」と金魚は退散してしまいましたとさ、という感じにして金魚さんはコップから出した。家の中、他の何処にも置かないと思う。涼やかな演出は別な形でやってみたい。水中花は最近まったく見ないがあのように昔の手品でパッと出た時のような原色の花はよかった。あれがリアルな生きた花のような精巧さで出来ていたらドキッとするだけなのだ。だからたとえ安っぽくても愛らしい、漫画のような金魚の方がよかった。ディズニーのニモなどがいいな。

| | コメント (0)

2014.07.17

マツバボタン

Imgp3449_


 梅雨明けした途端にセミが元気よく鳴いている。太陽はメラメラとしていて、ああ夏休みに入るんだなあといった感じだ。玄関先にささやかにマツバボタンが咲いた。これはどこからかやって来たものだ。大輪で一重の花だ。マツバボタンの花が八重だと本当に牡丹(ボタン)の花に似ていて豪華になる。以前の記事で気を悪くしてないかと思い恐る恐る接写した。「ポーチュラカとはいとこくらいの血縁関係の花だがポーチュラカの葉が肉厚だが丸っこく、マツバボタンの葉はトゲトゲしいとか書いたこと、ごめんね。本当に失礼なことで・・・。早い話、松葉に似ているからマツバ、牡丹の花に似ているからボタン、マツバボタンと呼ばれるのだよね。素敵ですねー。」私は写真撮りながら心の中で謝り、ゴマすっていた。
 
 幼い頃から住んだ所には必ずマツバボタンがあった。私の記憶ではこんなに花も葉も大振りでなくうんと小さかった。ちまちまとして赤、、ピンク、黄、橙、白の花が咲き、「わー可愛い!」といつも思っていた。やはり真夏の暑さにも平気だった。
 我が家の庭は砂土で、なかなか他所から来た草花は育ちにくい。しかしこのマツバボタンはしっかりしている。傍のバーベナは梅雨の間にナメクジの食料となってしまっていて悔しい。ポーチュラカにも寄らないがマツバボタンもナメクジ被害には遭わない。とにかく、たくましい。
 これらの花に負けずに、この夏を私も元気に過ごしていこうと思う。はぁー、しかし汗、汗!

| | コメント (1)

2014.07.13

おはぎを作った

Imgp3426_


 我が家は七月盆なので、おはぎを作った。あずきを買い、暑い中を煮詰めて練って粒あん完成。もち米は買い置きがあった。あんこ大好きな義母が他出しているため数日間、夫とおはぎ三昧。このところ連ドラの如く観ている大作DVD「三国志」をじーっと観ながら夫婦で食べている。毎日二話ずつ観ている。本当はもっとダーッと観たいところを制しての二話だ。赤壁の戦いも過ぎ、いよいよ魏呉蜀、三国の戦いとなった。ずい分の昔にNHKの人形劇で観て夢中になり、しばらく忘れていた。少し前に漫画での大作「三国志」を観て(読んで?)夢中になったが、またもやしばらく忘れていた。今回、映像という一番印象深いものでよくよく分かった。君主なる者の個性や考え方などは大体把握していたが、今回はその近辺の者についてのそれらがよく分かったのだ。側近や軍師だ。時代背景が戦国時代だとは言え、人間というものを研究するには十分な素材だ。
 
 さて、おはぎ。当たり前なのだが自分で作ったのだから安全だというこの幸せ。よもや毒入りではない。こんな時代の庶民でよかった。あんな時代の武将や皇族だったらリスクは大きい。そんな幼いこと考えながらパクパク。
 外はまた雨となった。台風は幸い何事もなく過ぎた。しかしまだ梅雨最中には変わりない。梅雨明けたらたぶんこのDVDも最後となりそうだ。

| | コメント (1)

2014.07.07

ポーチュラカ

Imgp3421_Imgp3422_

 昨晩は雷の音が激しく、さらにまぶしくて驚いた。目が覚めてからもなおも長々とその音と光は激しく続き、もう一度眠ることは難しかった。そういう人は多かったのではないかと思う。しかしトロトロしてやがて少し眠っているといつもの時間に目は覚めた。それからは小雨だった。その小雨の内に近づいてきている超大型台風のために食料を買いだめにスーパーへ行った。スーパーは比較的少ない人だったので皆さん早めに準備したのだと感心してサッカー台であれこれ買ったものを袋に詰め込んでいると急にすごい人ごみになった。どうしたのだろうと思って外に出ると、なぜかパーッと青空になっている。歩いて来たから沢山抱えてふうふうで帰宅した。午前9時過ぎに行ったのが時間が早かったことと陽が差してきたから自転車でも行く人がドッと増えたことがその人波になったのだと思う。
 
 やれやれと帰宅してから玄関や表の道を掃きに出た。超大型台風が来たら災害復旧作業みたいなことになるよーと思いながら掃き掃除した。そして家に入ろうとした時に壊れた門扉に掛けている鉢の花が目に入った。ポーチュラカだ。この花はマツバボタンと同じ種類の花なのだがマツバボタンのように葉がトゲトゲしくなっていない。性質は一緒で、過酷な暑さにもしっかり耐えてくれる。丈夫で、色合いが軽く、明るい。昔、夏にギフト包装仕事に行っていた時は通う途中に植えてあって、ずい分元気づけられた。「なんの!大丈夫、大丈夫!」と明るく笑って励ましてくれていた。毎日毎日、雨の日でさえも変わらなかった。我が家にあっても同じで、「大丈夫よっ!」と言ってくれている気がする。そうなんだ、忘れていた。私のような主婦がムードメーカーになっていなくては。この古い家を励ますことしなくては。私は一人納得して、台風準備に鼻息荒く家に入っていった。

| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »