« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014.04.30

スイートマザー、その後

Imgp3322_


 二日経つと出窓に置いたスイートマザーは全開の花はさして変化を感じないが傍に付いていた小さな蕾たちが急激な進化を遂げた。突然スイートマザーと幼子たちというシーンがスイートマザーと中高生の娘たちくらいになった。それはあれよあれよという間だった。水切りしたらもちろん勢いよくなるものだが、大体は時々見に行って驚くくらいだった。台所の出窓なので主婦していたらことのほか見ている時が多く、ちょっと横見ていたらと言うと大げさなのだがそのくらいのスピードで花開いていた。幸い、全開の花がすれ違いに花びら散らすということはなく、ほっとした次第。
  ここで、小さな蕾と少し開いた花、もう少し開いた中開の花、しっかり開いた全開というプロセスが一枝に期せずして揃った。これは想像もしなかったことだけに驚いた。適当に摘んできた一枝であり、落としたのは葉だけだった。こういうことは初めてだ。驚いた後では面白くなった。
 

 
 特に好きでも嫌いでもないが、バラはバラしか持ち得ない魅力がある。生け花する時には大きな棘はカットしたりもするが棘あってこそのバラ。我が家のスイートマザーであっても小さな棘がしっかりとあり、摘む時は痛かった。
 明日から五月。ここ数日天候に恵まれないが、五月晴れの下溢れるほど咲き誇ったスイートマザーが映えることだろう。

| | コメント (1)

2014.04.28

スイートマザー

Imgp3319_


 我が家の庭に1本だけあるバラ、スイートマザーが盛んに花を咲かせている。まるで母の日近しということを知っているかのような勢いだ。この苗木は家族が買ってきて植えたのだが、大きいのでようやく5cmくらいの小さめの薄桃色の花が沢山咲く。
  
  一昨日、隣県の親戚の家に行った。「こんにちは!」と叔父、叔母がいる茶の間に元気よく入った途端、「わー!お母さんにそっくりになってきたねー!」と言われた。「えー、そうですかー!?」と言ったが、このところ自分でもよく思う。皆が皆そうではないかもしれないが私には女の子は年とっていくと母親に姿かたちから言い方仕草までそっくりになっていくように思われる。それはどういうことだか分からないけどDNAかなあ。それにしても実は嬉しかった。私はお母さんっ子だったから。何十年経っても母が亡くなったっことは辛く悲しく、涙が出る。もう天国で父と楽しくしているとは思うけど、私はさびしい。だからイジイジとでも長生きしようと思っている。まあ、頭しっかり体も自立したままでいなければいけないけどね。でも私の子どもは私と違っているかもしれないなあ。
  一枝手折って花瓶に挿したスイートマザーの花は、そんな大人になりきれない私をやさしく見つめてくれている母親のようだ。なるほどスイートマザーだね。花芯を見ると風車のようになっている。手指をすぼめて捻ってできたような形だ。こうして風車の花弁が回りながら開き、また風車のようになっているんだ。その中心に吸い込まれそうな気分になった。
  
  母の日が近い。そうだ、私もバリ母親だ。スイートマザーというのは気恥ずかしいな。やさしいおかーさん、だな。そのやさしいおかーさんは母の日、待っているよー!何でも来い!どうせならば幸せ感あるもの来いっ!

| | コメント (2)

2014.04.24

ご馳走様でしたー!

Imgp3306__2Imgp3309__2

 珍しい人からお誘いを受け、ウキウキと出かけた。ここは裏通り、本道に出る近道。何本かある私好みの真っ直ぐな道。ダッシュで行けるサイクリングロードにしている。もちろん十分気を配り目を凝らしてもいる。しかし疾走する快感は素晴らしく、また青葉若葉の季節で最高だ。
 
 都合で、Aさんと呼ぶ。同じ市内に住んでいるのに約2年ぶりに会った。もちろんメールやりとりくらいはしていた。まったく変わらない彼女で、初めて伺ったご自宅も想像した通りのきれいで温かい感じに溢れたものだった。なにかと私の意に反して食すものに制限があり面倒だった(前もってメールで尋ねてきてくれた)と思うがご覧の通りの素晴らしい手料理を作ってもてなしてくれた。写真の時よりランチョンマット上にさらに賑わうのだが私は我慢できずにさっさと写真を撮った。 
 「まあ素敵!いっただきまーす!」
あれこれと話に花が咲き、そしてその間中パクパク!(キャー!美味しいー!)愛でて美しく食べて美味しいご馳走であった。人が作ってくれたご飯をいただくのはこの頃では嬉しい。もう厨房に立つのは面倒になってきた。なんとか音楽に乗って歌うわ踊るわで戦意高めている。しかし、また元気出してこういうきれいな食卓を目指そうと思った。Aさん、ありがとう。たくさんおしゃべりもして本当に楽しかった。ご馳走様でしたー!心も体も元気をいただいて、私はまた復路もダーッと自転車ダッシュ。

| | コメント (7)

2014.04.19

節句人形飾り

Imgp3305__2Imgp3303__3

 子供の日の節句人形飾りをした。考えてみると何十年も同じことを(たまに出さない年もあったが、ほぼ毎年)やってきている。さらによくよく考えてみると、ようやくさっさと仕度できるようになったのは最近だ。夫婦でずっと出来上がり図見ながらあーだこーだと苦労して組み立てて飾ったものだ。大騒動に近いものだったが、それが徐々に判ってきて最近では何も見ないでさっさと出来るようになった。最近は私ひとりでやっている。さびしいから鯉のぼりの歌など軽く歌いながら、人形用の防虫剤の匂い漂う中にいて作業している。
 ハナショウブが出回ったら買ってきて1本であっても生けて添えたい。勝負に勝つよりは無病息災を祈って。
 
 武者人形は迫力がある。カーッと吠えているような大きく開いた口。見えないけどきっと大きく目も見開いているに違いない。あまり違うフォルムでこの武者人形を見たことなかったけど、ふとした拍子に見た時には驚いた。私の亡き父親にそっくりだったから。思えばこの節句人形を買って贈ってくれたのは父で、その選定にどれだけ時間を費やしたのかも私は知っている。外孫ではあっても可愛い初孫、しかも男の子にどれだけの喜びと祈りを持ってこの節句人形を選んだのか想像できる。
 鯉のぼりの歌に飽きた私は「オトーサンー♪ アーリガトーネー♪ 」と替え歌にして歌ったりしている。天国でうんざりしそうなノーテンキ娘である。それも若くもないのに。
 
 早く、日中に開け放った窓々から薫風が吹き抜けて行かないかなあ。節句人形さんも気持ちいいから。そういった日まで、あと少し。

| | コメント (0)

2014.04.09

新しいスタート

Imgp3294_


 今日は自転車でバンバン行っていると入学式終わりの学生とその両親たちにずい分沢山出会った。平日なのだから特に父親は休みを取ってのことだろう。確かに我が子の時代にもご夫婦でおられる方々もあったが、最近はとても多いように感じる。私の子どもの頃を思うと信じられないことだ。なんとかして運動会に数回、父親がやって来て一緒にお昼を食べたことを覚えているが入学式、卒業式などに一緒などなかった。ましてご夫婦で行事に参加などのことはほとんど記憶にない。だんだん少子化になってきて、また親御さんの考え方や意識も時代とともに変化してきたのだろう。それはそれでなるほどと思う。にこやかな家族の姿は人目にも心嬉しいものだ。進学おめでとう、とつい言いたくなる。

 春は暖かくて頭がボーッとなってすっきりしないのであまり好きな季節ではない。しかし新しいスタートとしての季節は人ごとでもエキサイティングだ。森羅万象、芽吹き勢いよく伸びて行く生命力に溢れている。一切関係ない私ではあるが新しいスタートとしてみたい。えーっとね、今は節々や筋肉がひどく痛んでいるので休んでいるけどストレッチなんかまたスタートね。あっ、それから二十年ぶりにまた英語、英会話やってみよっかな。東京オリンピック目指して。(!!??) 本当はもっとこの厳しい春に金策練らなければ、なのだけど、それはまた。

 写真は我が家の庭のツバキだ。手摘みしてきて空き瓶に挿した。白い蕾はユキツバキ、赤い全開の方はヒゴツバキ。ツバキは虫食いが多く、なんとか難を逃れたのを見つけた。紅白で、おめでたい感じだ。

 新しいスタートって、やはりまた最初からやり直しの花生けかなぁ。

| | コメント (3)

2014.04.02

消費税アップの春

Imgp3301_


 17年ぶりにこの四月から消費税がアップした。ということはすべての料金というものがアップしたことだ。ずい分前から分かっていたことで対策もやってきたのだが、いざやってきてみると驚く。エイプリールフールだったらどんなによかっただろうかとも1日の新聞読みながら思った。
 今朝、ミニコミ新聞のリビングが郵便受けに入っていた。掃き掃除の後、玄関先で立ち読みした。トップ面に書かれている「賢い消費者で乗り切ろう」というのは元気が出た。「それには情報の収集が不可欠」と続いていて、これからも有効な情報を沢山お届けしますよといったPRらしい文面だ。
 人間には知恵があるから、避けられない現実ならばなんとか心地よい救いの術を絞り出していきたい。知恵の文字の前に「悪」がつく人たちも中にはいるから釣られないようにしていかなくてはならない。とにかく賢い消費者となって、買い控えよりも賢い消費によって痛みが少ない状態をキープしてゆこう。

 病院の待合室ではしっかり読書する感じにならないので大体書いたり考え事をしている。先日はブレインストーミングをした。年を重ねていくと自分で思っているよりはるかに収拾がつかないくなってきている。だから時々、とてつもないことからささやかなことまで思っていることを書き出して整理する。夢見ていること、したいこと、諦めたくないこと等々。今できることは何かというのが少し見えてくる。悲観的にならずあまりに冷静にもならず「まあ、これくらいいけるんじゃないかなっ」というところで。

 体もあちこちガタがきていて、もうここまで頑張ってきたのだから主婦したくないよーと思っているのだけど、しかしこれからがお手並み見せどころかもね。顔、引きつらせないで笑顔でガンバ!

| | コメント (2)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »