« クリスマスシュークリーム | トップページ | ダイジョーブ、ダイジョーブ! »

2013.12.29

オンシジウム

 2013年が去ってゆく。もうすぐ新しい年が明ける。ウマ年はどんな年になるのだろうか。指輪物語ならばガンダルフを乗せた白馬がやって来てほしい。明るい年、正しい年であってほしい。

 Imgp3167_


夜、自転車で行った閉店寸前の花屋さんで新年を迎える花を買った。松を選び、洋花を選んでいる時にハッとするレモンイエローの天の川のような花の束を出された。それはオンシジウムだった。間違いなく毎年少しであっても買っている花だ。しかしこの品種はいつものそれとは違っていた。花弁の一部にトラのような縞模様があるものばかりだったオンシジウム。ところがこれはまったくのレモンイエローの花群だった。珍しく「おいくら・・?」とも聞かず「そっ、それ2本!」と購入。その他に少々買ったがとにかく急いで帰宅。その間にも花包みから溢れそうなオンシジウムの花を見ていた。

 花についてはどの色も好きだ。しかしこのレモンイエローは見る度にハッとする。目が覚める気がする。別名ムレスズメラン(群れ雀蘭)というラン科の花だが可憐で、光が流れるように美しい。翌日もその翌日である今日も眺めていた。明日には生ける花なのだけど。スズメではない感じがする。小さな蝶の群れがぴったりだ。
 きっと来る年は明るいと信じられる、そんなおめでたい気分にしてくれる。
 お越しくださった方に佳い年が訪れますように。そして私にも。

|

« クリスマスシュークリーム | トップページ | ダイジョーブ、ダイジョーブ! »

風のお喋り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスシュークリーム | トップページ | ダイジョーブ、ダイジョーブ! »