« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013.09.29

トンカツやってはみたけれど

Imgp3029_


Imgp3037_


Imgp3039__2

 半製品のトンカツを買ってきてヘルシーフライヤーで加熱調理してみた。180度、25分に設定。時間になって開けてから裏返して念のためあと3分加熱した。
 トンカツは出来た。ちゃんと火(熱!?)も通ってサクサク。しかしなんとなく見た目が色薄い。私個人的にはどうしても「きつね色」になってほしい。我が家では揚げものは健康油を使い一回使い切りで、直ぐに固めてしまう。二度使うことはない。だから、量は半分でいいから、やはりきつね色のトンカツがいい。夫はヘルシーだと言って食べていたが私がこの言い分を必死に訴えていると「それもそうだな」ということになった。結局、この間のポテトは美味しかったし、我が家における向き不向きを研究していってみようということに決定した。ヘルシーフライヤーは天ぷらなどのような滴るものはNGだ。から揚げも片栗粉はたいて竜田揚げみたいな感じのものが向いている。こういうことも踏まえて時々私がチャレンジすることになった。

 少しのメニューではあるがレシピ集が付いていたのでそれを基にやってみよう。トンカツはその1ページ目にあった。ヘルシーを採るならばやはり薄めの色になるみたいだ。しかし100グラムのトンカツが340キロカロリーはいいけどね。(半量でいいからきつね色!揚げる!と心の声が叫ぶ)

 秋になった。さらーっとした風になり食欲も出てきた。いろいろな秋にしたいけど、食べることも楽しむ秋にしたい。

| | コメント (0)

2013.09.21

フライドポテトで初使い

Imgp3017_


Imgp3019_


Imgp2993_


 当選してやってきたヘルシーフライヤーの初使いは冷凍食品のフライドポテトだった。細い方よりも皮付きのしっかり太い方が個人的には好みだ。しかし、初めてこういうのを買ったので案外重宝かもしれないと思った。200度に設定して15分、一度開けてから上下を返してさらに3分加熱する。家庭でするとなればジャガイモを切って水にさらしてからキッチンペーパーで水気を拭きとったりするので、その手間もいらない。そういう時間に他の手順に移っていられる。油の処理にかかる手間や時間も楽になる。
 今回のことであまりじーっと見たことなかった冷凍食品をしかと見て回った。揚げものはすでに揚げているものばかりだった。半製品というのはないのかなあ。そうなったら自分で揚げる前までのことをして用意した方がいいなあと思った。私は揚げものが苦にならない。高校生くらいからドーナツやらトンカツやら作っていたし、トンカツにいたっては自信まで持っていた。揚げずにできるトンカツはすごい。次はいよいよトンカツかも。しかし、デパ地下ではたぶん半製品を専門店が作って販売していると思う。そうそう、まずは自前よりも先にこれを探してきて第二弾にしよう。

| | コメント (1)

2013.09.19

植田いつ子の世界展

Imgp2995_


Imgp2996_


 植田いつ子の世界展がご本人の故郷である玉名市の歴史博物館で約三か月開催されることとなった。私はこのニュースを半月ばかり前に地元の新聞紙上で見て、直ぐに詳細を歴史博物館に電話で尋ねて、行くことにしていた。オープニングセレモニーには植田いつ子さんがお越しになるということで、初日の朝JRを乗り継いで一人ワクワクしながらの行程だった。

 一時間前には到着したが決して広くない会場のロビーには溢れる人たちだった。そしてようやく開式。植田いつ子さんは御髪は真っ白になられ、また終始車椅子に腰かけておられた。来月で85歳になられるとか。しかし、その気高く上品な雰囲気は変わることはなかった。

 美智子皇太后さまが妃殿下時代に専属デザイナーとしてお選びになり約40年お仕えになった。昨年、ご高齢のためお役を降りアトリエもたたまれたとのこと。展示されていたデザイン画、その衣装、いろいろな掲載雑誌や新聞などどれも興味深いもので堪能した。来場者にマスコミの取材が多く寄っていっていたのでそれを避けて観覧した。

 植田いつ子さんは憧れだった。私は服飾デザイナーを目指していたわけではないが、それでも心魅かれていた。家庭画報にバンと載っているにふさわしい上質、上品さだった。美を見つめる目、美を引き出す手、それは私の花の師と同じように感じられた。そして足元にも及ばないが少しでも近づきたいなあと思わずにはいられなかった。
 どうかまだまだずっとお元気で活躍していただきたい。
故郷である玉名市は温泉もあり自然豊かで情緒ある心安らぐ土地だ。植田いつ子さんの心の柱であるのだろう。

| | コメント (2)

2013.09.07

アサガオの種

Imgp2986_


 アサガオもわずかばかりが咲いているが、さすがに終わりになった。茶色に変色してカラカラ状態になったアサガオの種を摘んだ。そして中にある種を取り出した。まだこれからいくらかの種も同様にして取るのだが多いなあと思った。一つの花に種が一つではなく三つ四つ五つとあるのだから仕方ない。

 ある会社から「グリーンカーテンを作ろう」ということで一袋送られてきたアサガオの種だった。間引くのも不憫で、苗のポットをたくさん人にもらっていただいた。そして半間ではあるがネットを張ってアサガオのカーテンにしてみた。しかし今年が異常な天候であるのはもちろんだがグリーンカーテンという具合にはいかなかった。他所のお宅の表を見ていると同じ感じだが、グリーンカーテンならばやはりゴーヤではないかと思う。家の中が暗くならないのだろうかと思うくらいに効果的な感じだ。しかしアサガオのカーテンは絵的であり浴衣模様のような涼やかな楽しさがある。来年はもうグリーンカーテンということでなくアサガオの花を愛でることにしようと思う。

 それにしても我が家分には当然ながらあまりにも多い。また里子の先を見つけようと思う。時々新聞に「○○(花の名前)の種差し上げます」というお知らせが投稿されているが私みたいに里子先を求めているのに違いない。
 すべて大切な命なのだから。捨てるわけにはいかない。だからといって何年も持っているわけにもいかずまた次年にも新しい種が残るのだし。来年の初夏にまた考えて行動しよう。とにかく封筒に入れて冷暗所に保管。

 アサガオさん、ずい分楽しませてくれてありがとう。私に群がる蚊を打ちながら毎日朝夕に水やりするのが楽しみだったよ。それに最後の最後までいくつずつでも咲き続けてくれていて、残暑の中、本当に名残惜しいばかり。あなたの命、来年に繋ぎますね。

| | コメント (1)

2013.09.01

ヘルシーフライヤーが!

 Imgp2983_


Imgp2984_


Imgp2985_


 夫が玄関からニコニコして運んできたのは宅配で届いた荷物だった。ヘルシーフライヤーが当選して私に送られてきたのだ。それはネット上でポチッとして、もう忘れていたものだった。どうせ当たらないからと思って。しかし当選は数人だとは覚えていた。
 ダンボールを外すと箱に入ったヘルシーフライヤーが現れた。やはりここでパチパチパチ!こんなことあるのねー、神様は頑張っている人には時々ご褒美くださるのねーと私は興奮気味だ。

 私は揚げものするのは苦ではない。まあ確かに今年ほど暑いと気は乗らない。しかも夫も私も、さらに義母も着々と加齢していっていて油ものを好まなくなっているし、お年頃から言ってもカロリー過多は避けたいところ。滅多に揚げものすることはなくなった。息子が帰って来るとトンカツもコロッケも、と張り切って沢山する。そういっても時々少し食べたいなあと思うとこもある。ヘルシーフライヤーを記事や広告で見ると少し心も動いたが結局、頻度少ないし、やめようと思い直した。そして先に書いたように「当たれー!」とも思わずにポチッと応募した。嬉しいな。ありがとうございます、A新聞社様。

 とりあえず冷食がセールの時に半製品のイカリングフライ、フライドポテトなどを買って先ず使ってみたい。それから自作の半製品をもボチボチ。揚げないドーナツとかもいいなあ。キラキラと周囲は明るくなりあれこれとヘルシーな揚げものが旋回する。ヘルシーなはずがバンバン作って食べて生活習慣病になったらどうしよう。まっ、何もしていない内に悩むまい。とにかく本当に神様に感謝!

| | コメント (2)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »