« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.12.18

手帳の交代

Imgp2356_


 ここ数年、私の手帳は不思議の国のアリス絵柄だ。もうそろそろ違うものにしようと思っていたが来年までいいかと思ってまた買った。いよいよ絵柄はシルエットとなり最終的な感じでもある。
 そういえば、と思って来年の手帳を見るとスケジュールは前年12月から使用できるようになっている。ここらで交代させることにした。メモで引き継ぐものは写し、古い手帳は大切に包んでさよならした。

 忘れてもいいようにメモする。自分しかわからない書き方や、とにかく汚い走り書きも多い。この頃では長年「忘れてもいいように」だったメモが新鮮な再会となって助かっている。さらにお金の計算など、まあ人には見られたくないものが多い。落としては大変。アリスから想像できない超現実的なメモが多い。ああ、夢みたいなこと書きたいけどね。まっ、先に希望を。麗しい日々の記録や予定が入るかもしれないから。今の所あてはないけど、可能性がまったく無いと言いきれないからには、希望はある。

 数日前の総選挙で政権も交代した。選挙後、社会は幾度も自分が描くものとはかけ離れていき、選挙に夢や希望を抱くパワーは失せた。ここしばらく選挙もシカトしたが、なんとなく今回は出かけた。はりきってもなく、決めかねてため息つきながら、よせばいいのにねと思いながら。

 新しい手帳と同じだ。国も私個人も明るい予定や記録が記されていけることを願う。

| | コメント (1)

2012.12.13

不思議な雲

Imgp2350_


 今日、不思議な雲を見た。雲に詳しい人が見たらなんということはない現象かもしれないが、私はびっくりした。しかし私だけにしか見えていないものでもないことは確かだった。真っ直ぐ縦に切られたような雲、その縁は太陽の明るさでキラキラ輝いていた。きっと明るいことがあるよというお告げではないかとも思ったりもした。現実はそれと関係なく社会では国際関係も複雑で、また極悪な犯罪がニュース面に溢れている。街中はなんとなく気ぜわしいものの、活気あるのは選挙カーだけだ。

 ねえ、神様。世界もこの国も光満たされる寸前なのでしょうか。心豊かにいられる日々って難しいですね。たえず何かに振り回されているようで私も日々疲れてますよ。それでも光満たされる寸前のようなあの光輝く雲は、やはり希望意外の何者でもないのですね。神様がくださるのは希望ですね、きっと。
 私はトコトコ歩きながらこの雲の下、わけわからない言葉を連ねて、だから私は頑張らなくちゃねという独り言をつぶやいていた。

 この年ももう過ぎて行こうとしている。特に悪いことは無かった。特に良いことも。それって、ありがたいと思う。やって来る年に希望を抱こう。清々しい気持ちで落ち着いて一瓶の花を生ける日を楽しみに。

| | コメント (0)

2012.12.02

冬のバス通り

Imgp2343_


Imgp2344_


 お世話になった友人宅に年末に挨拶に行っている。昨日もいつものアポ無しで向かった。バス停4つ歩けば傍だ。ここは長いバス通りで、この4つ目のバス停前はモダンだ。銀杏の葉の黄金色と、植え込みの鮮やかな赤。特に赤はパッと目を引く。近寄って見るとサルビアだ。品種の違いはあると思うが、夏によく見る朱赤のサルビアとは異なる、花も葉もしっかりしたもので、赤の色味は別な洋花を想像させる赤だった。びっしりと花咲かせている。風が強く冷たくても寒くもないといった感じで。
 私の家の前のバス停はなんということもないもので、バス通りというものでもない。その我が家前のバスから停車場4つでこの明るさだ。まあそれぞれ周囲に合っているからどちらもよいのだけれど。ここの方がよいと言っているわけではない。ただ時々ハッとすることがあると羨ましくは思う。

 訪ねた友人宅は留守で、書き置きしてきた。そしてまたこの通りに出てクルクル回りながら眺めて歩いた。危なかったかな。もうそろそろしっかり足元見てなきゃね。
 冬のバス通りは空気も風も冷たくなった時でも、明るい色味でわずかな日差しをもっと暖かくしてくれた。

| | コメント (1)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »