« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.28

ワタは、また

Imgp0033_
 さて、今年もワタを育てている。場所は去年と同じ場所で、50cm四方もないくらい。去年の実はそのままにしていて、植えるための種を取り出すためにポコポコの綿花3、4個を使った。約10本が育っている。途中、工事の作業の人に踏まれて倒されたものもあったが生還させた。

 以前のデジカメは200万画素で、購入当時は最大であった。今度来たデジカメは1200万画素というので、ワタを撮って見てみようと思い、朝一番の撮影をした。いろいろ機能があっても、これからポチポチ試していくけど、どんだけーと思う美しさなのか。

 そういうこちらの思いと関係なく、ワタはまた清らかな花を咲かせ、花が去って大きな実を残している。夏の疲れがあるかどうか、このところ私は情けない夢ばかり見ていてわずかに気持ちは落ち込み気味だ。それでも夢は夢。清らかなワタの花は今年も私の心をときめかせる。凡人だから過ぎ行けば厚かましい勝手な思いや、それが満たされない不満で「クーッ!」とか言っているだろう。でも、一瞬、身動きとれないほど見つめるその時の私の魂は抜けて、何処かに行っている。

| | コメント (0)

2009.08.26

夏の収穫物

 Imgp0010_
スーパーで見かけた苗を購入して帰り、今年は庭に野菜の栽培。きゅうりとプチトマトを5本ずつ植えた。プチトマトはその内、鳥たちの知るところとなり日々荒された。鳥よけのネットを家族が掛けていたが、上手に実をついばんでいた。しかし、どうにかならないかと思うくらいどれも半分くらいつついていた。食べ残すなー!私は毎日その残骸の始末を「あーあ」と言いながらしていた。きゅうりはその被害がなく、毎日2、3本大きく育ったものをありがたく食卓に出せた。来年はきゅうりだけにしようと思う。先に黄色い花が付いたままの、小さなトゲトゲが痛いくらい新鮮なきゅうりはご馳走だった。幼い頃の夏休みのように毎朝が楽しみだった。

 久々に買ったサマージャンボ宝くじはニアミスもなく、すっかりの外れようだった。お金は収穫できなかった。まあ、口に入るものがあって、それでいいか。
私は数日前に夢を見た。このところ「LOST」のDVDを観ているからかもしれないがデジャブだったらどうしようと思う夢だった。通りで私は財布を拾う。緑色の爬虫類の型押し、二つ折りの財布で、とにかくびっしり入っていそうなものだった。すぐさま、「派出所は、何処!?」とキョロキョロ。知らない地だった。その財布を届けるにしても、とりあえず自分のバッグに入れるのがためらわれた。と言っても財布を握ったまま派出所探して廻るのもためらわれた。そしてまた、「派出所は、何処!!?」とつぶやく。周囲を見渡すと多くの見知らぬ人たちが行き過ぎ、中には私をじっと見ている人もいた。そこで目が覚めて、夢でよかったと思った。

 また今度、宝くじも買おう。いつか当たりくじのこともあるだろう。もう成りが最後あたりだが、収穫したばかりのきゅうりを台所で洗ってまな板で塩擦りしてはじっこを食べた。「ラッキー!」この平凡な中での小さな幸せ。

| | コメント (0)

2009.08.24

ひんやりスカーフ

Imgp0019_
 暑さ対策のもう一つをこの夏にゲットした。商品名は「ウォータークールスカーフ」。使用前に10分間、水に浸しておいて余分な水をタオルなどで拭って使用する。もちろん繰り返し使用できる。中にはジェル状のものが入っているようだが、首筋がすーっとして涼やかになる。私は「ひんやりスカーフ」と名付けた。この商品は市販もされているが、私は集めていたコーヒーの会社のポイントで交換した。黒地に白の水玉模様が気に入った。

 首に二重に巻いて、気分はオードリーか中原淳一風でいたのだが、恥ずかしいことにそれは勝手に思い込むオバサンの悲劇であった。ある時、「暑くないか、そんなの首に巻いて・・」と夫が言った。この製品はと説明すると納得したが、そう見えたのは私がお洒落に見えなかったのだろう。首の汗止めくらいだろうけど、かえってアセモができるぞ、おい暑くはないかと夫は心配したのだ。ちょっと恥ずかしかったが、それでも、まっいいか・・と、その後も出かける時は大体している。

 冷蔵庫、冷凍庫に入れて使用するのではないので確かに「コールド」でなく「クール」。しかし、ひんやり程度の涼やかさは何か嬉しい。遮光日傘の木陰気分と同じくホッとする。これを首に二重に巻いて、黒の手袋してオードリー・・などの妄想は止めよう・・・。・・夢の中だけ、はいいかな。・・夢の中では二十代。・・・やはり勝手な妄想、驀進。・・興奮して汗。はっ、早く、ひんやりスカーフ!

| | コメント (0)

2009.08.23

処暑残暑


Imgp0017_ まる二ヶ月ブログをお休みしていながら、さりげなく復活。夏らしい行楽もなく生活していたけれど二ヶ月の間にはささやかながらも小さな変化もあった。ちっぽけなブログが休みになるとそれだけで消滅同様なのに偶然もあったと思うが、毎日一応ふた桁の方が覗きに来てくださっていたのには感動した。

 私は新しいデジカメをゲットしたのだが、数枚の試し撮りで先に進んでいない。これからボチボチといったところ。以前のデジカメが古いもので、あまりに進化したものを手にして厚い説明書片手に圧倒されている。

 それでも夏の記録をしておこうと撮影。久しぶりに今年、日傘を買った。晴雨兼用の遮光日傘、99%紫外線をカットしてくれる。しかも陰になる部分は気温より約6℃涼しいという木陰気分。使用してみて、まあまあ。どうしてもアスファルト道路は照り返し熱がすごいため猛暑日などはその差がわからなかったが、真夏日にはその差は実感できた。そう思いたかったのも事実だけど。小さめで、開くと桔梗の花の感じの形になり、悪くない。

 今日は処暑。暑さがおさまる頃というのだが、日中はまったくひどい残暑だ。この日傘の恩恵を受けることない私の足は靴の形に日焼けしている。でも首、腕も日焼け気味。半年前から日焼け止め塗っているのにと思っていたが、よくよく考えてみるとこの程度でおさまっているのかも。そういうことしてなかったら私はチョコレート色かも。すべてそれなりの効果はあったのだと思ってしまうことにした。明日もこの日傘で外歩きする。

| | コメント (2)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »