« ヒオウギスイセンを1本生けて | トップページ | 夏の終わりに »

2008.07.19

サルビアの花

 Sarubia
夏休みになり、子どもたちも楽しく団体で闊歩、懐かしくうらやましい光景があちこちに。気がつけばブログの更新なんてできてなかったギフト仕事の夏です。梅雨明けからの勢いある猛暑続き。店で「あっ・・・」と思いながらも横目で見た花束の売り場も見なかったことにして過ごしていました。庭にこれといった花も咲かず、でも思いついたからには小さな一輪でも、と摘んで入ったのがサルビアの花です。
 サルビアの花は幼い頃から馴染みがありますが、炎天下に強烈な朱色の軍団の印象が大きくて暑苦しいイメージが私の中にはありました。我が家にはささやかに二株だけがあり、しかも小さめの花がわずかに咲いているという具合です。「これだ」と思ったのでした。これまでの暑苦しいイメージを拭い去ることにしようと。ほんのちょこっとだけをプリンの空き瓶に挿しました。涼しげなハンカチを無造作に敷いてそこに置いて記念撮影。決して雑誌やカードにあるような素敵な一輪ではないとわかっています。でもその一輪をじっと見ていると、花弁が二重になっているところの中の方を摘み取って、その蜜を吸っていた私が見えるようです。甘い蜜。青い空。セミの鳴き声。素朴な、平凡な一輪は遠い夏休みの思い出を甦らせてくれました。

 お見せできるような花生けではありませんが、それでも心をこめて、お訪ねくださったお方にこの花をもって暑中お見舞い申し上げます。

|

« ヒオウギスイセンを1本生けて | トップページ | 夏の終わりに »

生け花入門」カテゴリの記事

コメント

暑中お見舞い申し上げます。

サルビアはやっぱり夏と言う感じですよね~
真っ赤な軍団は暑苦しい!!
でも、こうやって一輪生けると、なかなか可愛いものですね。

ギフトのお仕事、お疲れ様です。
毎日、凄~い暑さ!どうか体調に気を付けて下さい。

投稿: moko | 2008.07.30 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒオウギスイセンを1本生けて | トップページ | 夏の終わりに »