« レンギョウの小枝を | トップページ | ワタの種を取り出す »

2008.03.29

カイドウ

Kaidou_2Kaidou2 今年もカイドウの花が咲きましたが、ご多分に漏れずこの樹木もビシビシと切り詰められていて枝の伸びがなく、でも可愛いので小さい枝を手折ってきました。バラ科の花は、特に木に咲く花はどれもサクラに似ています。カイドウは花の柄が長くてサクランボのようですが濃いピンクのポコポコした蕾が枝に下がって付きます。咲くと縁に濃いピンク色が残り、薄いピンク色の花になります。そしてやはり花はゆらゆらと下がって咲きます。

 花器はずい分昔に購入したミニミニ生け花の花器です。5~6cm立法ほどの小さな変形花器ながら、底直径に合わせた3cm直径の剣山がセットになっていました。名のある焼き物でもないのですが時々使用、気がつくと何十年ものになっていてアンティーク風に見えます。置き畳を敷いてみました。25cm×15cmのこの畳は100円ショップで見つけました。デパートなどで見ては一つくらいあってもいいかと思いながらそのままでした。100円にしてはとてもよく見えます。まだ新しいこともありますがヘリも淡い色味の上品な金襴です。決め手はヘリでした。安っぽさ見え見えのものならば買いません。今日が初仕事です。

 外はサクラが見ごろになりました。花冷えの季節ですが、いよいよ春になった感じがします。花鋏の音も冴えて聞こえるようになりました。百花繚乱の時期は見疲れるほどに花がオンパレードの季節。家の中に同居する花はシンプルで落ち着く花がほっとする私です。

|

« レンギョウの小枝を | トップページ | ワタの種を取り出す »

生け花入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レンギョウの小枝を | トップページ | ワタの種を取り出す »