« 冬の花、サザンカ | トップページ | 新年の花、補足 »

2008.01.01

新年の花

Syougatu新しい年がやって来ました。年末に家族がミニハボタンの花苗を7本いただいてきて庭に2本植え、「あとは正月花にでも」ということ。これを切り花にして生けるとなるとやはり根元にまとめてマッスだろうなーと思いました。産直の市場で購入してきた取り合わせの花材はダイオウショウとセンリョウです。ダイオウショウは松葉の長さが30cm強あり、丈も70cm。大王松、まさにマツの大王です。クリスマスのオーナメントやリースに使用されているすごく大きなマツボックリはまずダイオウショウのものです。センリョウも丈が50cmあり赤い実もしっかりした葉も立派なものでした。赤い実のものは多いのですがセンリョウは上向きに実が付くのでさらなる発展性が感じられます。それぞれ1本ずつで、あとはハボタン5本というシンプルな花ですが何分ボリュームがあるので負けない花器が必要です。はるかな昔の結婚祝いにいただいた松竹梅絵柄の陶製の壷を出してきました。松竹梅の三通りの柄がありますが竹の絵柄を正面に持ってきました。この花器自体が直径15cm、丈が50cmあります。ステージは玄関外になりました。折からの歳末寒波の到来で、風雨や霰(アラレ)に見舞われました。でも年明けてみても取り付けた金銀の水引含めて何一つめげることなくバンとしています。なんとも心強い年明けです。

 ささやかなブログにお越しいただき、どうもありがとうございます。心こめて生けた新年の花をもって皆様に幸多かれとお祈り申し上げます。暖冬が多かった近年、久々の冬らしい年明けに身が引き締まっています。付いたお肉は締まりませんで、気持ちが引き締まっている思いです。この花とともに頬過ぎる風の冷たさを感じ、「WINDY」風のある日々に嬉々としているところです。

|

« 冬の花、サザンカ | トップページ | 新年の花、補足 »

生け花入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の花、サザンカ | トップページ | 新年の花、補足 »