« ウメの蕾 | トップページ | クリスマスローズ »

2008.01.27

ウメが咲いて

 01270005
ウメは一気に咲いてきます。あら、と見上げると白梅。紅梅はまだ蕾です。届くところのウメを数本手折って生けてみました。生け合わせるのに庭の花で合うのはスイセンくらいしかありません。なんともお粗末な、ありあわせで遊んだ感じの一作になったのですが、まあいいかと記念撮影。白いウメの花はそれは清らかな気品が漂い、寒風の中に耐えて見事な花咲かすとはよく言ったものです。

 生け花で使う花材は木と草に分けて、生け花では「木もの」「草もの」と言います。ウメなどの葉が無い時に花を咲かせるものも、ツバキのように葉があって花を咲かせるもの、マツなどの一般樹木もすべて含んで「木もの」と総称します。そして、草花で花が咲くものも咲かないものもすべて含んで「草もの」と総称します。木ものは一般的には強くたくましい感じで、草ものは一般的には優しい感じです。それらが調和して一つの世界を作るということになります。もちろん一種生けとかで木ものだけ、草ものだけ生けることもあります。それはその良さをアピールする世界です。
 自分自身の心の中であっても、家族であっても、あるいは各種の団体、大きくは国々であってもそうやって生かし合いつつ調和してゆきたいものです。このバランスが崩れるとストレス、やがて病んで、国であれば戦火に包まれます。
01270006_3
白いウメの一輪をじっと見つめていると日頃バカ言って暮らしているのに、心洗われる思いがします。難しいです、清く正しく、美しくは。でも、ありたい姿。求めてゆきたい姿。

|

« ウメの蕾 | トップページ | クリスマスローズ »

生け花入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウメの蕾 | トップページ | クリスマスローズ »