« 友だちはその後・・・ | トップページ | ナノハナを・・・ »

2007.01.29

節分の花

節分らしいものを置き わざわざ玄関から訪ねて行って、とまでは思わないけど迷っていた日に幸運にもバッタリ出会った向かいの親戚。すかさずお願いして分けていただいたのはヒイラギの小枝2、3本。小品には十分でした。節分の花を生けたいけど、やはりヒイラギの枝が欲しい・・・向かいの親戚の家にあるなーとこのところ思っていました。添えるのはナノハナがいいと思ってこちらは花屋さんやスーパーを廻ったけれど無くて残念。庭に出て何色かのツバキを手折りました。鬼のお面は以前から小道具で持っていたもの。豆は今回のために買いました。本当はこちらもマスがよいけれどお弁当の料理を載せていた小さな篭皿に溢れさせて。えいっと豆まきのミニ版をやってから良い加減に省略しました。ただ豆を置くのとは違うかもしれないという思い込みによって。そして花器にしているのは、またまたお得意のいただいた菓子の空き箱です。入っていたのは豆ではなかったのですが蓋には「福ハ内」と焼印があり本体にも福に丸囲みで、これしかないでしょうということで採用です。小さなオトシに剣山を入れています。高さは1メートルくらいですので応接のシートに座った時に見える花が正面です。 立っていると上から見下ろす花になります。(花器に半掛けしている蓋の「福ハ内」が見えます)さらに上からのぞくとこういう感じです。それぞれの趣を考慮して葉一枚を取ることも決定します。01280009_101280010_2

これといった素敵感は無い小品ですが、私は心こめて生けました。福は内、鬼は外!・・・世の中に、もちろん鬼、悪しきものは山ほどあるのですが、実は自分の中にもあります。もうひとりの私は囁く、とか言う時の悪魔。これを和風にすると鬼。自分自身の邪気払いも含めて、豆まきです。大豆には霊的なものがあると信じられていたそうです。魔の目に豆を投げつけて魔を滅する「まめ」。炒り豆にするのは炒るが射るに通じるとも考えられていたとの説もあります。季節の分かれ目に吹っ切れたい、強い思いが感じられます。ヒイラギがまたトゲトゲで魔よけとされていますが、マツでもツバキの枝でもよいのです。花はそこ越えて在る春(立春)にふさわしい明るい印象の花であれば何でも。節分の小道具を置き合わせましょう。自分らしい福招きの花を生けてみませんか。

|

« 友だちはその後・・・ | トップページ | ナノハナを・・・ »

生け花入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友だちはその後・・・ | トップページ | ナノハナを・・・ »