« 若松立てて年迎え | トップページ | 続 スイセンをたくさん生けてみましょう »

2007.01.10

続 スイセンを生けてみましょう

 スイセンの花が庭に咲き誇っています。花鋏で根元から切って(ハカマ部分を長く、また破損しないように気をつけます)バケツに。これから花生け準備です。昨年の記事(同題名)の実写版になります。よろしければご覧いただけたらと思います。01090002

 そのままの姿のスイセン、産葉(うぶは)の状態です。葉の動きを生かして自由に生けることができます。
01090003

 スイセンの「ハカマ」。このスイセンのように二重になっているものもあります。寒がりかな。01090004
 ハカマは、横から見ると斜めになっています。基本的には正面が山(高い方)、後ろが谷(低い方)です。生け花流派で異なるかもしれませんが。01090006

 ハカマを外してみます。破れやすいので力を入れずにすーっと抜きます。葉、茎がパンパンに入っている時には、ハカマを押して軽く揉むようにして回しながら抜き取ります。01090008

 ハカマを外して分解したスイセンです。葉組をして生ける時には同じようにして戻します。01090009

 抜いたハカマです。スイセンが幼い頃からの支えです。01090011

01090012葉組をして、ハカマに戻し途中のところです。ハカマの中を濡らせるとうまくいきます。


葉は時計廻りに茎を中心に廻っています。広がっている葉も茎に添わせて巻いて、ティッシュで留めておきます。さあ、これで準備完了です。水切りをして休ませておきましょう。01090014

|

« 若松立てて年迎え | トップページ | 続 スイセンをたくさん生けてみましょう »

生け花入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若松立てて年迎え | トップページ | 続 スイセンをたくさん生けてみましょう »