« 続 スイセンをたくさん生けてみましょう | トップページ | 節分の花 »

2007.01.14

友だちはその後・・・

01140003
先日部屋に生けて同居した友だちのスイセンはとても元気です。花房が豊かになってきました。右側の若い葉の間の幼い蕾が開きました。葉も少しずつ伸びて重みで下がった分もあります。姿は少し変化しました。部屋は外の陽が入り明るいのですが、もっと明るくなった気がします。置き合わせ、つい全体的に和風を思いそうですが、あえてスヌーピーにしました。ファストフードのおまけですがスキーを楽しむスヌーピーはウインターシーズンを嬉々としています。凍土をすっくと出て育つスイセンと言えば凛としてハカマもきりり、先に一輪生けした分の方がより和には効果的かと思います。年明けて、葉よりも背が伸びて勢いづく花。明るい希望のような、自由に生けたたくさんのスイセンはスヌーピーの添いに喜んでいるように思われます。そして毎日、水差しながらおだてまくる私に陽気になって暮らしているようです。

 庭にワッとあるスイセンは同じように見えます。でもまったく同じものは無いので、生け花でも花、葉、表情の変化をとらえて生けることが大事です。正面だけでなく両脇から見ても違う趣が出てきます。対話しながら花生けすることで一度根から分かたれた生命がよみがえります。技術よりも心の作用がものを言います。そうして同居している友だち、他人には思えません。家族ですね。

|

« 続 スイセンをたくさん生けてみましょう | トップページ | 節分の花 »

生け花入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続 スイセンをたくさん生けてみましょう | トップページ | 節分の花 »