« シクラメンを生けてみましょう | トップページ | 花鋏とともに »

2006.02.22

「不等辺三角形」

   庭に花が咲き誇りました、あるいは何かのことで花束をいただきましたということが年間通して何回もあるかと思います。花束は格好つく形にして根元あたりを輪ゴムで束ねてありますがそのまま花瓶に入れる方もいらっしゃるでしょう。水切りする方は輪ゴムを外し、ばらしてしまったのなら何ヶ所かに生けてみようかと思うことがあるのでは。でもそんな多種の花材をどうやって、という時に「不等辺三角形」の活用をおすすめ致します。花の種類は三種くらいが無難で作りやすいと思います。ポイントとなる花3本(インパクトのあるもの、たとえばユリの類、バラなども)で花瓶に投げ入れ(投げません、挿しますが)で高い低いのリズムをつけて上から見ても正面から見ても不等辺三角形になるように生けます。それよりぐっと低くカスミソウやスプレー咲きのキクやカーネーションを足元に生けます。マッスの感じになりますがあまり広がらない大きさで足元を締めます。あとは、そのマッス越しに効かせ色味の花を奥に置くのです。多くなくても構いません。あまり美しい花の競合は相殺してしまいますのでカスミソウでない花をマッスにした場合はそれこそカスミソウの白、また観葉植物の葉(アスパラガス、ドラセナの類)が入っていればその緑を入れた方がいいでしょう。残った花たちは一種ずつあちこちに小分けして生けるのもいいですね。ポイントとなる花が3本無い時には2本でも大丈夫。手前に長く、斜め奥に短く挿します。ユリだったら複数の花が付いているのでそれを応用すれば3方向に扱うこともできます。

 不等辺三角形は変幻自在に動きを生じます。裏返せば、安定性が無い不安定。その不安定の妙は安定に向けて動いているということです。同じ開き方をした花ばかりであっても高さや方向付けを変えるとそれぞれが自立、自己主張をします。そしてそれらがバランスをとってどの方向から見ても楽しめることになります。作品としてなんか可笑しいという時には記録をとっておきましょう。(スケッチ、メモ、写真など)何がいけなかったのかは独学の方でも経験していく内に判ります。花の扱い自体にあるかもしれないし花器との関係にあるかもしれません。「不等辺三角形」機会があればぜひお試しください。剣山など無い花瓶でも、生け花は楽しいという発見がきっとあります。

|

« シクラメンを生けてみましょう | トップページ | 花鋏とともに »

生け花入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シクラメンを生けてみましょう | トップページ | 花鋏とともに »